SJヒチョル、新型コロナウイルスの検査を受けて自宅隔離中


SUPER JUNIORのキム・ヒチョルが新型コロナウイルスの感染者と動線が重なって検査を受けた。

SUPER JUNIORの所属事務所レーベルSJの関係者は6日、毎日経済スタートゥデイに「キム・ヒチョルは新型コロナウイルスの感染者と動線が重なり、今日の午後検査を受けた後、現在自宅隔離中だ」と明らかにした。

続いて「新型コロナウイルスと疑われる症状は出なかったが、みんなの安全のため自発的に検査を受けた」とし「検査結果は7日の午前中に出ると予想される」と伝えた。

これに先立って、SUPER JUNIORは同日、NAVER V LIVEを通じて、デビュー15周年記念放送を行った。しかし、放送にはキム・ヒチョルが出演せず疑問を生んだ。

リーダーのイトゥクは「キム・ヒチョルは新型コロナウイルスの感染者と動線が重なり、自主的に新型コロナウイルスの検査を受けた」と明らかにした。

一方、SUPER JUNIORは2005年11月6日に『Super Junior05』をリリースしてデビューした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-11-07 08:35:30