BLACKPINK、米ブルームバーグのランキングで1位 アジア人初の快挙


ガールグループBLACKPINKが、アジア歌手としては初めて米ブルームバーグが選んだ世界で最も影響力のあるポップスター1位に選ばれた。

ブルームバーグは10日(現地時間)、公式ウェブサイトで「ポップスターパワーランキング」を公開した。 これによると、BLACKPINKはポップ・スモーク、カーディ・B、ジャスティン・ビーバーなどグローバルポップスターを抜いて1位につけた。 特に、BLACKPINKはアジア歌手としては初めて該当ランキングで1位を占め、その意味をさらに深めた。

ブルームバーグは毎月、世界で最も影響力のあるポップスター25人を選定する6つの基準を公開し、公正性をアピールした。ライブショーの3か月間の総収益率、ライブショーの30日チケット販売量、4週間のアルバム販売量、4週間のデジタルソングストリーミング再生回数、インスタグラムでの30日間の活動、4週間YouTube再生回数などのフォルスター、Spotify、ニールセン・ミュージックMRC、クラウドタングル及びYoutubeなどの様々なデータを参考に選定される。

ブルームバーグはBLACKPINKの選定について「BLACKPINKは世界で最も人気のあるポップバンド」とし「音楽的に世界で最も大きな波動を起こした」と絶賛した。

続いてブルームバーグは「BLACKPINKは今年10月、Youtubeの再生回数10億回を達成し、独歩的なYoutube内の記録を維持しており、世界最大音源ストリーミングサービスのSpotifyで2位を記録するなど世界的な人気を立証した」と説明した。

また、BLACKPINKが最近発売したフルアルバム『THE ALBUM』がアメリカチャートで最上位圏を記録しアメリカで最も多く売れたアルバム「トップ10」である点に注目した。

ブルームバーグは、BLACKPINKのメンバーが、英語やタイ語、韓国語、中国語、日本語など、様々な言語を駆使する能力に触れ、彼らが世界的な人気を集めた秘訣の一つだと伝えた。加えてBLACKPINKの成功は過去のNSYNCとバックストリート・ボーイズを連想させるとし「K-POPが完璧な主流文化になった」と報道した。

一方、BLACKPINKの1stフルアルバム『THE ALBUM』は米ビルボード200と英オフィシャルアルバムチャートで発売初週ともに2位に上がり、Kポップガールグループの新しい歴史を書いた。特に『THE ALBUM』は米ビルボード200で5週連続上位チャートインを維持し、Kポップガールグループの新記録を続けている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-11-11 13:10:09