BLACKPINKの「Ice Cream」がMV再生回数4億回突破


BLACKPINKの「Ice Cream」のミュージックビデオが4億回を突破した。BLACKPINKには通算10本目であり、これはK-POPガールグループの最多記録だ。

YGエンターテインメントが16日に発表したところによると、BLACKPINKの「IceCream」のミュージックビデオはこの日午後2時6分ごろ、Youtubeで再生回数が4億回を超えた。

Youtubeに公開されてから約80日がたった。BLACKPINKの別のメガヒット曲「How You Like That」と「Kill This Love」に次ぐ3番目に速いスピードだ。

また、BLACKPINKは今回の「Ice Cream」を加え、YouTubeで4億回以上の映像を10本保有するグループとなった。すでに、K-POPガールグループのうち、圧倒的な数値を占めているBLACKPINKで徐々にその格差を広げている。

特に10本の映像のうち14億回に向かっている「DDU-DU DDU-DU」をはじめ、「Kill This Love」と「BOOMBAYAH」の3つのミュージックビデオは10億回の高地を占領し、BLACKPINKの地位を確固たるものにしている。

BLACKPINKの「Ice Cream」はポップスター、セレーナ・ゴメスと共に歌った曲だ。シンプルなリズムと軽快なサウンドが特徴のポップジャンルで、BLACKPINKが初めて試みた可愛くてさわやかなコンセプトで世界のファンの心を魅了した。

「Ice Cream」は発売直後、iTunesワールドワイドチャート1位を獲得した後、米ビルボード「ホット100」で13位までランクインしK-POPガールグループの最高順位を自己更新し、続いて8週連続チャートインに成功するという気炎を吐いた。

また、この曲が収録されたBLACKPINKの1stフルアルバム『THE ALBUM』は米国ビルボード200と英国オフィシャルアルバムチャートで2位につけた。これもK-POPガールグループの最高順位を塗り替えた成果だった。

BLACKPINKの世界的な存在感はさらに大きくなっている。Youtubeで彼らの億台再生回数を誇る映像は計22本になり、Youtubeチャンネルのチャンネル登録者数も地道に増え、現在5310万人を確保し、この分野で世界のアーティスト2位となっている。

一方、BLACKPINKは最近、米ブルームバーグが選定した「世界で最も影響力のあるポップスター」1位になった。 アジア歌手として最初であり、カーディ・Bやジャスティン・ビーバーなど、そうそうたるポップスターを抜いた結果であり注目を集めた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-11-17 10:05:36