キム・ボム「『九尾狐伝』のイランは憎めない哀れな悪役」


俳優のキム・ボムが歴代級のビジュアルとみんなを釘付けにする魅力を誇った。

所属事務所KINGKONG by STARSHIP側は19日、ファッションマガジン『ELLE』12月号と共にキム・ボムのグラビアAカットを数枚公開した。

公開されたグラビアの中のキム・ボムは、くっきりした目鼻立ちが目立つビジュアルで、見る人の心をつかんでいる。また、彼は強烈さと優しさが共存する眼差しを見せ「グラビア職人」らしい面貌を披露したりもした。

続く写真でキム・ボムはフラワーコサージュにホワイトシューズをマッチさせて感覚的なムードを完成させ深みのあるオーラを披露している。

同日、キム・ボムは無彩色からカラフルな衣装まで多彩なスタイリングをしっかり消化して魔性の魅力をアピールし現場スタッフを感嘆させたという。

撮影後に続いたインタビューでキム・ボムは現在熱演を繰り広げているtvN『九尾狐伝』の中のイランについて「イランを考えると破壊の本能であるタナトスが浮び上がった。イランは愛から捨てられたため、すべてのものを破壊したいという感情が深く根付いている人物だ」とし「憎めないし哀れで助けたい悪役と言うには曖昧な悪役」であることを望んだとキャラクターに関する悩みを明らかにした。

キム・ボムのグラビア及びインタビューは『ELLE』12月号とウェブサイトで確認でき、キム・ボムが出演するtvN水木ドラマ『九尾狐伝』は毎週水・木の夜10時30分に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=ELLE KOREA
  • 入力 2020-11-19 10:09:20