イ・ミンジョン、番組で言及した産後鬱について説明


女優のイ・ミンジョンが『感性キャンピング』の中の「産後鬱」という表現が間違っていると伝えた。

イ・ミンジョンは21日、インスタグラムで「タイトルがちょっと…」と書き込んだ。

イ・ミンジョンが一緒に公開した写真には20日に放送されたJTBCバラエティ番組『感性キャンピング』のクリップ映像が収められている。

この映像のタイトルは「イ・ミンジョンの産後鬱を克服させたイ・ビョンホン」だった。

『感性キャンピング』でイ・ミンジョンは息子を出産した後、憂鬱な感情を感じ、当時、夫のイ・ビョンホンから助けてもらった表現された。これについてイ・ミンジョンは「特に産後鬱はなかった。ただ出産後、誰もが感じる産後鬱について説明しただけだ」と説明した。

イ・ミンジョンは2013年に俳優イ・ビョンホンと結婚し息子が一人いる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-11-21 18:57:27