チョン・イル&ユリ、新型コロナ検査の結果「陰性」


ドラマ『ポッサム - 運命を盗む』の撮影現場で新型コロナウイルスの感染者が発生した中で、出演者であるチョン・イルと少女時代ユリは陰性の判定を受けた。

23日、放送関係者によるとチョン・イル、ユリが出演するドラマ『ポッサム - 運命を盗む』補助出演者の一人が新型コロナ感染の判定を受けた。このドラマは来年上半期の放送を目標に撮影を進めてきた。

これと関連してチョン・イルの関係者は23日、毎日経済スタートゥデイに「該当の補助出演者と重なるシーンはなかったが、万が一のために検査を行い、陰性判定を受けた」と明らかにした。ユリの所属事務所の関係者も「新型コロナウイルス陰性判定を受けた状況」と説明した。

一方、『ポッサム - 運命を盗む』は生計型誘拐屋が誤って姫を誘拐して繰り広げられる話を描く作品だ。チョン・イルはごろつきバウ役を、ユリは姫スギョン役を演じる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-11-23 11:19:18