韓国ドラマ撮影現場で新型コロナ感染者が相次ぐ 続々と制作中断


韓国の放送業界が再び新型コロナウイルス感染症の直撃打を受けている。ドラマ『月が浮かぶ川』『朝鮮駆魔師』『ボッサム』に続き『シーシュポス』と『哲仁王后』『ハッシュ』『ペントハウス』などで感染者が発生、撮影が中断された。

まず、ドラマ『月が浮かぶ川』(脚本ハン・ジフン、演出ユン・サンホ)に出演する補助出演者が新型コロナウイルスの検査を受けた事実が知られ、放送業界に再び赤信号が灯った。

この補助出演者は19日『月が浮かぶ川』の撮影に参加しており、保健当局から20日に濃厚接触者だという通知を受けた。以後、制作陣は撮影を停止してマニュアルに従って感染が疑われる人物と濃厚接触者に分類された対象者に限り新型コロナウイルスの検査を受けるように指示した。精密検査の結果、最初の濃厚接触者に分類された補助出演者は陽性判定を受けた。しかし、その補助出演者と接触した『月が浮かぶ川』のスタッフと他の補助出演者は全員陰性の判定を受けた。今後『月が浮かぶ川』側は全スタッフが1~2日さらに自主隔離を行い、状況を見守った後に撮影を再開する計画だ。

『月が浮かぶ川』とセット場を一緒に利用するOCNの新しい土日オリジナルドラマ『驚異的な噂』は23日、進行予定だった制作発表会をキャンセルした。疫学調査の結果、異常がないとの所見を受けた『驚異的な噂』は撮影を再開した。制作発表会は27日に進行することになった。

来年上半期放送予定のドラマ『ボッサム - 運命を盗む』も補助出演者の一人が新型コロナウイルス感染の判定を受けて、これにより重複するシーンがない俳優たちまでて全員が検査を受けた結果、陰性判定を受けた。

SBSドラマ『朝鮮駆魔師』でも新型コロナウイルス感染者が発生した。補助出演者の一人が23日、新型コロナウイルス陽性判定を受けて『朝鮮駆魔師』は撮影を中断した。カム・ウソン、チャン・ドンユンなど出演俳優たちが隔離を行い、新型コロナウイルスの検査を受けたが全員が陰性の判定を受けた。

JTBC新ドラマ『シーシュポス』も新型コロナウイルスと関連して撮影を中断した。『シーシュポス』側は「新型コロナウイルス感染者が発生した『ポッサム』撮影現場で一緒に仕事をしていた『シーシュポス』の補助出演者一人がこの日、感染判定を受けた」とし「新型コロナウイルス感染の判定後、直ちに全面的に撮影を中断した状態」と明らかにした。この補助出演者と一緒に現場にいた俳優たちとスタッフたちは順番に検査を受けた。主演のチョ・スンウとパク・シネ、スタッフなどは陰性の判定を受けた。すべての制作スタッフの検査結果を見て撮影再開を議論する計画だ。

JTBCの金土ドラマ『ハッシュ』に出演中の補助出演者の一人も24日、新型コロナウイルス感染の判定を受けた。これにより制作陣はすべての撮影を直ちに停止し、防疫指針に基づいて俳優とスタッフ全員の検査を行っている。ファン・ジョンミン、ユナが主演を引き受けた『ハッシュ』は来る12月11日に初めて放送される予定だ。

SBS月火ドラマ『ペントハウス』も補助出演者が新型コロナウイルスの感染の判定を受け、すべての撮影が中断された。補助出演者の一人が今日、新型コロナウイルス陽性判定を受け、出演俳優たちが自主隔離後に新型コロナウイルスの検査を受けて結果を待っている。

tvNの新しい土日ドラマ『哲仁王后』補助出演者も新型コロナウイルス感染の判定を受けた。制作陣は23日、撮影現場にいたすべてのスタッフと俳優たちの名簿をチェックし、新型コロナウイルスの検査を受けるように発表した。『哲仁王后』は撮影が中断された状態だ。主演のシン・ヘソンとキム・ジョンヒョンも新型コロナウイルスの検査を受ける予定だ。

ドラマの撮影中止だけでなく、インタビューも進行方式が変わった。新型コロナウイルスが拡散すると今日(24日)最終回を迎えるtvN月火ドラマ『産後養生院』のパク・ハソンとオム・ジウォンは当初、対面インタビューを進行する予定だったが書面インタビューへと方式を変えるなどの新型コロナウイルス拡散防止のために対処した。

放送関係者は相次いで発生している新型コロナウイルス感染者による撮影中断に放送休止ドラマが多発するなどの支障が出るのではと緊張感の中で事態を注視している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-11-24 16:23:43