パク・ボヨン&ソ・イングク&イ・スヒョク&カン・テオがロマンスドラマで共演


tvN『ある日、うちの玄関に滅亡が入ってきた』にパク・ボヨン、ソ・イングク、イ・スヒョク、カン・テオ、シン・ドヒョンが出演を確定した。ラインナップだけでときめきを誘う出演者たちの出会いにすでに期待が高まっている。

2021年上半期放送予定のtvNの新ドラマ『ある日、うちの玄関に滅亡が入ってきた』(脚本イム・メアリ、演出クォン・ヨンイル)は消えるすべてのものの理由となる存在「ミョルマン」と消えないために命をかけて契約をした人間「ドンギョン」の致命的な100日限定ファンタジーロマンスだ。ドラマ『僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~』で優れた筆力を認められて次回作が期待される作家イム・メアリと『(知っていることはあまりないけれど)家族です』で温かい笑いを届けたクォン・ヨンイルPDの意気投合として期待を集めている。

そのようななかで、パク・ボヨン、ソ・イングク、イ・スヒョク、カン・テオ、シン・ドヒョンの出演が確定され関心を集めている。

まず、パク・ボヨンは劇中、ライフストーリーウェブ小説の編集者「タク・ドンギョン」役を引き受けた。タク・ドンギョンは平凡な人生に割り込んできた予想外な運命により自分の命と愛をかけることになった人間。特にパク・ボヨンはドラマ『ああ、私の幽霊さま』、『力の強い女 ト・ボンスン』などを通じて演技力と愛らしい魅力、童顔の美貌で独歩的なイメージを構築し、視聴者の愛を受けてきた。パク・ボヨンが今回の作品を通じて、どのような演技変身を見せるのか、これまで以上に期待が熱い。

これと共に劇中、タク・ドンギョン(パク・ボヨン)と命をかけた契約をすることになる存在「滅亡(ミョルマン)」役にはソ・イングクがキャスティングを確定して注目を集めている。ミョルマンは壮絶な運命に割り込んできた意外な人生に自分の思いやりと愛を捧げることになる特別な存在だ。ソ・イングクはドラマ『ショッピング王ルイ』、『空から降る一億の星』などを通じて鋭い目元と強烈な眼差し、ときめく男性美で女心を鷲掴みにしてロマンス職人と呼ばれる俳優。『ある日、うちの玄関に滅亡が入ってきた』でパク・ボヨンと命をかけた契約関係で縛られた存在を演じるソ・イングクだけのロマンス演技に関心が高まっている。

一方、イ・スヒョクは劇中、タク・ドンギョンと同じ会社ライフストーリーウェブ小説の編集長で、ファーストキス能力ヒーロー「チャ・ジュイク」に扮する。チャ・ジュイクは甘い言葉と心を揺さぶるスキンシップで作家のロマンス的才能を燃え上がらせる能力を持った人物。特にイ・スヒョクの長身と眼差し、魅力的な低音ボイスで完成された都会的なイメージがチャ・ジュイクのキャラクターと最高の相性を誇って期待を高める。

カン・テオは初恋後悔ヒーロー「イ・ヒョンギュ」役を引き受けた。イ・ヒョンギュは恋から逃げてばかりだった少年から初恋を取り戻すため大人の成長痛を経験するカフェの社長兼チャ・ジュイク(イ・スヒョク)の同居人だ。何よりもカン・テオはドラマ『初恋は初めてなので』、『ノクドゥ伝~花に降る月明り~』などジャンルを問わず強烈な演技を披露した俳優だからこそ、どのような演技を披露するのか注目が集まっている。

ファーストキス能力ヒーローのチャ・ジュヨクと初恋後悔ヒーローのイ・ヒョンギュ(カン・テオ)の間で偶然、三角ロマンスのヒロインとなったウェブ小説作家「ナ・ジナ」役にはシン・ドヒョンがキャスティングされて関心を高める。シン・ドヒョンは前作『賢い医師生活』で堂々とした気さくな魅力で注目を集めた。これにより多彩な魅力を持つソン・ドヒョンがイ・スヒョク、カン・テオとどのようなロマンスを描いていくのか関心が高まる。

tvN『ある日、うちの玄関に滅亡が入ってきた』の制作陣側は「パク・ボヨン、ソ・イングク、イ・スヒョク、カン・テオ、シン・ドヒョンを主な配役に確定した。信じて見る俳優たちが出会って爆発的なときめきを与える予定だ。彼らが描いていくの致命的な100日限定ファンタジーロマンスに期待している」と伝えた。

一方、tvN新ドラマ『ある日、うちの玄関に滅亡が入ってきた』は2021年上半期に初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-12-18 09:43:01