トップ > エンタメ > スターニュース > イ・ミンホ、虐待被害児童のために5千万ウォンを寄付

イ・ミンホ、虐待被害児童のために5千万ウォンを寄付


  • イ・ミンホ、虐待被害児童のために5千万ウォンを寄付
俳優のイ・ミンホが虐待被害児童のために寄付し善良な影響力を伝えている。

イ・ミンホとMYMエンターテインメントは先月28日、寄付プラットホームPROMIZを通じ、虐待被害児童のための寄付金5千万ウォンをホルト児童福祉会、グッドネーバーズ、セーブ・ザ・チルドレンの3カ所の児童保護専門機関に伝達したという。

普段から児童福祉に関心を持って寄付と認識改善活動を進めてきたイ・ミンホは、新型コロナウイルスで家で過ごす時間が増えたことで、家族内の児童虐待の発生率が増加していることに注目した。該当寄付金は、再虐待の防止や情緒的後遺症の減少のため、児童虐待被害者の心理治療や家族関係改善プログラムの支援に使われる予定だ。

今年は新型コロナウイルスで大変な一年を過ごしたが、イ・ミンホの温かい善行ニュースが伝わり、多くの人々に慰めと手本となっている。今回の行動は新型コロナウイルスの拡散中に行われ意味がより大きい。

イ・ミンホは今年初め、新型コロナウイルス拡散防止のための3億ウォンの寄付金を出し、免疫脆弱層の児童の感染予防と医療陣のための防疫用品の購入に力を貸した。続いて年末にも虐待被害児童のための善行を続け、もう一度助けの手を送ったのだ。

PROMIZは「新型コロナウイルスの拡散で子どもたちが家で多くの時間を過ごす中、家族内で虐待を受ける子どもたちが保護されることを願う気持ちから寄付を決めた」と明らかにした。また「今回の寄付が死角地帯で面倒を見てもらえない虐待被害児童に対する関心が拡散するきっかけとなり、社会的弱者の子供たちに実質的な支援が伝達されることを期待する」と付け加えた。

イ・ミンホとMYMエンターテインメントは寄付プラットフォームPROMIZを通じた持続的な寄付と認識改善キャンペーンを展開した功労が認められ「地域社会貢献認定企業」に選ばれた。「地域社会貢献認定制」は、地域社会における非営利団体と協力し継続的に社会貢献活動を行った企業を発掘し、その功労を認め激励する制度である。保健福祉部と韓国社会福祉協議会が共同主管して選定する。

イ・ミンホはグローバルOTTサービス「アップルTVプラス」で制作するドラマ『パチンコ』主演で出演を確定し撮影中だ。
  • 毎日経済スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者 / 写真=MYMエンターテインメント
  • 入力 2020-12-31 09:45:45