BTOBウングァン、チョン・イルフン脱退後の心境を明かす


グループBTOBのリーダー、ソ・ウングァンがチョン・イルフンが脱退した後の心境を伝えた。

ソ・ウングァンは1日、自身のSNSに「Melody!(ファンクラブ名)大変でしたよね? 言いたいことはたくさんあってどう話せばいいのかよく分からないけど…。ただいつもそばで信じてくれて一緒にいてくれて心から申し訳ないし、ありがとうございます。そして愛している」と書き込んだ。

ソ・ウングァンは「私はリーダーとして、もっとしっかりと心を込めてMelodyにはこれから笑いの花を咲かせてあげます。心を込めて愛しています」と付け加えた。

ソ・ウングァンが所属するBTOBの元メンバーチョン・イルフンは昨年末、麻薬類管理に関する法律違反の疑いで検察に送致された。警察によると、チョン・イルフンは約4~5年前から昨年まで大麻を吸入した疑いが持たれている。

以後、所属会社のCUBEエンターテインメントは昨年末、チョン・イルフンのBTOB脱退を公式化し今後、BTOBは6人組で活動することを知らせた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-01-04 14:13:42