ユ・アイン&パク・シネ「#生きている」米国Netflixで海外映画TOP4に


映画『#生きている』が2020年に米国のNetflix会員が最も多く視聴した外国映画4位にランクインした。

『#生きている』は原因不明の症状の人々が攻撃を開始し制御不能に陥った中で、モバイルデータ、無線LAN、SMS、電話などすべてが切断されたまま1人でマンションに孤立した人々の物語を描いた生存スリラーだ。

Netflixを通じて全世界に公開されて熱い反応を得た『#生きている』が2020年に米国のNetflix会員が最も多く視聴した外国映画TOP4にランクインした。アジア映画の中で最も高い順位だ。

昨年9月のNetflix公開から2日にして世界35カ国のムービーチャートで1位となり、韓国映画初のグローバルムービーチャート1位となって以来、再びこのような快挙を成し遂げたことで『#生きている』に対する全世界の関心の高さを感じさせる。

また、米国の有名なIT専門メディア「The Verge」は不確実性、寂しさなど新型コロナウイルス時代に感じる感情を正確に描写していると評論し、今年を彩った10本のNetflixコンテンツの中に韓国映画『#生きている』を推薦してK-コンテンツの威力をもう一度立証した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-01-06 08:47:24