ライブ配信で知的障害の女性に強制わいせつ チャンネル永久停止


  • 写真:アフリカTV画面キャプチャ

韓国人ライバーのテンチョが知的障害女性の脱衣ライブ配信を行って警察に逮捕された。

アフリカTV(動画ストリーミングサイト)側はテンチョのチャンネルについて最終的に「永久停止」措置を下した。

テンチョはライブ配信中に知的障害者の女性Aさんを強制わいせつした疑いを受けている。

韓国の警察は「障害を持つ女性を相手にした性犯罪であるだけに厳正に捜査する方針だ」と明らかにした。警察は強制わいせつのほか追加犯行の有無など共犯などについても捜査する見通しだ。

先立って、インターネットコミュニティには「BJテンチョが知的障害3級を出演させて放送中」というタイトルの告発文が投稿されて話題になった。

投稿者は動画のストリーミングサイトである「アフリカTV」で活動するBJがBさんを利用して複数のライブ配信プラットフォームから収益を得ていると主張した。

また「認知能力が全くない人を連れて回りながら一日中チャジャンミョン一杯をおごってあげて自分の放送で星風船(投げ銭、有料アイテム)を受けとり、リアクションはBさんにさせている」とし、「Bさんは一日中踊ってテンチョは何もせずに座って一言二言だけ話す」と暴露した。

特に「今もこのBJは堂々としており、知的障害者を稼ぎの道具として利用していることを指摘する視聴者を愚弄する」とし「知的障害者を金稼ぎの道具として利用する悪質BJの蛮行を公論化したい」と指摘した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-01-07 08:49:40