EXO、「GOLDEN DISC AWARDS」アルバム部門で本賞を受賞


グループEXOが『第35回GOLDEN DISC AWARDS』のアルバム部門の授賞式で本賞を獲得した。

10日の午後3時50分、JTBCとLGU+IDOL Liveサービスで生中継された『第35回GOLDEN DISC AWARDS』のアルバム部門の授賞式で6thフルアルバムで本賞に輝いた。

EXOのベクヒョンとカイは映像を通じて「Obsession」でアルバム部門の本賞を受賞した。EXO-L(ファンクラブ名)に感謝している」とした後「2021年にはさらに成長していきたい」と伝えた。

今年の『第35回GOLDEN DISC AWARDS』のテーマは「もう一度」という意味の「RE」だ。日常に疲れた多くの人々が、もう一度始められるよう、もう一度頑張れるように慰労と希望のステージを伝える。容易ではなかった2020年の影の中で飛翔を夢見るという意味を盛り込んだ「希望の翼」など、メッセージを圧縮したセットも用意された。

今年の『第35回GOLDEN DISC AWARDS』は新型コロナウイルスの拡散防止のため生放送で行ってきたレッドカーペットのイベントを事前撮影で代替した。授賞式も観客なしでオンラインで行われる。

前日行われたデジタル音源部門の大賞は、IUが受賞した。IUは2020年の音源強者として名にふさわしく、3年ぶりに大賞を手にした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 / 写真=SMエンターテインメント
  • 入力 2021-01-10 16:52:57