X JAPANのYOSHIKI、N.Flyingユ・フェスンが歌唱した韓国版「TEARS」を絶賛


N.Flyingのユ・フェスンが日本の伝説的なバンドX JAPANのリーダーYOSHIKIからラブコールを受けた。

X JAPANのリーダー、YOSHIKIは最近個人TwitterにN.Flyingのユ・フェスンがMBCバラエティ番組『覆面歌王』に出演した時に歌唱したM.C the MAXの「Goodbye for a Moment」(原曲はX JAPANの「TEARS」)の映像を絶賛したコメントと共に掲載した。

「TEARS」はYOSHIKIが作曲した曲で、X JAPANを代表する名曲の一つだ。YOSHIKIは「映像を見てびっくりした。僕が作曲した曲の中でも好きな曲の一つ。#Beautiful Voice」と記し圧倒的な歌唱力で韓国版「TEARS」を消化したユ・フェスンを褒め称えた。

ユ・フェスンは「ありがとうございます!」という短いコメントで個人SNSを通じて応えた。YOSHIKIは「You are welcome! Let’s perform together someday.(いつか一緒に公演しましょう!)」と英語と日本語で共演したい気持ちを込めてラブコールを送り、N.Flyingの日本公式Twitterをフォローした。

両バンドの交流を見守っていたネットユーザーは「YOSHIKIから2度も称賛を受けたユ・フェスンはすごい」、「一緒に公演する日が楽しみ」、「音楽は国境とは関係ない、素敵だ」という熱い反応を示しN.FlyingとX JAPAN、韓日の2つのバンドの出会いを期待するコメントも見られた。

一方、バンドN.Flyingのメンバーたちは、歌カバーや個人YouTubeなど、さまざまな方面で活発に活動している。特にキム・ジェヒョンは、日本テレビ×Hulu共同制作の日本大型ドラマ『君と世界が終わる日に』に韓国人ユン・ミンジュン役で出演し素早いアクション演技で存在感を発散している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 / 写真=FNCエンターテインメント
  • 入力 2021-01-27 09:30:55