ジェジュン、誕生日に「オンラインJ-Party」を開催 世界中のファンに感謝


ジェジュンが誕生日を記念しグローバルファンと特別な時間を過ごした。

26日の午後7時、ジェジュンはNAVER V LIVEのメンバーシップ会員を対象に行われた「キム・ジェジュンWith J-Party X バニラステージ」のスペシャルライブ放送で世界中のグローバルファンとリアルタイムでコミュニケーションを取りながらいつにも増して意味のある誕生日を過ごした。

ジェジュンの誕生日を祝うために毎年行われてきた誕生日記念ファンミーティング「J-Party」が新型コロナウイルスのための社会的距離確保によりオフラインファンミーティングの進行が難しくなると「オンライン誕生日パーティー」の形でオンラインスペシャルライブで構成され行われたもの。ライブ放送が始まるやいなやオンラインチャットには各国の言語のチャットが殺到しジェジュンの世界的な人気を実感させた。

今回のスペシャルライブ放送はプライベートキャンプ場で開催されるセルフ誕生日パーティーをコンセプトに行われた。

シェフに変身したジェジュンが料理をする姿から、親友と一緒に過ごす誕生日パーティーに続き、ジェジュンと一緒のヒーリングキャンプまで楽しむことができた。楽しさと感動を込めたコーナーで最初から最後までファンと同じ場所にいるような雰囲気を作ったジェジュンは約2時間ほどの「オンラインJ-Party」を愉快にリードした。

同日、ジェジュンはプライベートキャンプ場に登場し、さまざまな言語でグローバルファンに挨拶をしながら「オンラインJ-Party」のスタートを切った。ジェジュンはカメラに向かって「今年も私たちが会って歌も歌ってゲームもして、ろうそくも吹けばよかったけど、今は私たちみんなのために少し我慢しなければならない時なので、こうやって会うのもいいでしょう?来年は私たち必ず会って良い時間を過ごしましょう」と「オンラインJ-Party」を開催する理由を明らかにするとファンは幕開けから熱い関心と応援のコメントで応えた。

最初のコーナー「Chef's J」でジェジュンはホームパーティーに最適なミルフィーユ鍋、キャンプ料理に欠かせないステーキ、また外国では高価な貴重な食べ物であるカキ料理やエゴマの葉のモヒートまで、多様な料理を直接準備して料理のコツから料理のプレーティングまで完璧にこなしてプロフェッショナルな姿を見せてくれた。また趣味、食べ物の好みなど今まで話せなかったことはもちろん、リアルタイムで上がってくる質問にセンスある答えでファンとのコミュニケーションも忘れなかった。

また女優のイ・ユンミとノ・ミヌが親友のジェジュンの誕生日を祝うため「オンラインJ-Party」の現場に突然訪問しファンたちのお茶の間を熱く盛り上げた。彼らは自家製わかめスープとケーキを用意し、「オンラインJ-Party」を観覧するファンと一緒にお祝いする意味を一層高めた。長い間、大切な縁を結んできたゲストたちと料理を食べながら、ジェジュンは終始一貫して相性のいいコンビネーションを自慢し気の利いたトークで雰囲気を盛り上げてJパーティーをもっと豊かにした。

料理の途中に三温糖を使う理由について「色があるからいいじゃないですか?」とペク・ジョンウォンのモノマネを披露したジェジュンを見て、彼らは笑いを噴き出し「モノマネも上手だ」と絶賛を惜しまなかった。サプライズゲストたちの訪問は、ここで終わりではなかった。テレビ電話で日本人の俳優の城田優と俳優のイム・シワンまでジェジュンの誕生日を祝い和やかな時間を過ごした。

ファンとのコミュニケーションコーナーも目を引いた。ジェジュンは続く第2コーナー「J's ヒーリングキャンプ」で普段よく聴いているプレイリストを共有しファンが送ってくれた「2021年ジェジュンと一緒にやりたいバケットリスト」を読み上げながら有意義な時間を過ごした。「公演を手話で通訳する」、「自叙伝エッセイを出版する」、「団体観覧する」、「名誉教授として講義する」など、様々なバケットリストの中でキム・ジェジュンは「「ファンと汽車旅行に行く」に本当に行きたい。その日が必ず来てほしい」とバケットリストを一つ二つ実現するその日を切望した。

特にファンが準備したサプライズ映像のメッセージが画面を埋め尽くしジェジュンを感動させた。多様な方法でファンが直接撮影して、ジェジュンの誕生日を祝いながら伝える大切な気持ちが現場にそのまま伝わったのだ。ビデオレターが終わると、ビデオカメラには手書きで「ジェジュン、誕生日おめでとう」という文字が流れるイベントが続いた。

オンラインにもかかわらずファンの熱いお祝いメッセージが続いて送られるのを見たジェジュンは「本当に感動した。こうやって僕を応援してくれる方々が、こんなにたくさんいらっしゃるのに直接お伺いして公演をお見せできなくて残念な気持ちもある。しかし、こんなに多様な国のファンの方々が僕のためにお祝いのメッセージを送ってくれて感謝してその誠意が胸に響く。健康な世界が訪れたら皆さんの応援と愛に応えられる時間を作りたい」とファンのサプライズイベントに心から感謝の気持ちを伝え、一日も早くオフライン公演でファンに会いたいと切望した。

2時間も休まず「オンラインJ-Party」進行したジェジュンは最後までファンと対面できない残念さを露にした。

ジェジュンは「時間は本当に無情だ。皆さんと歌も歌って一緒に遊べる日が早く来てほしい。僕の誕生日パーティーを一緒に祝ってくださって感謝しています。こうやってでも皆さんに会えて不思議で感謝しています。来年は必ず顔を見て一緒にできたらいいな。防疫規則を守り健康に気をつけて、より健康な姿で幸せにまた会いましょう。 皆さん本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えるのも忘れなかった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 / 写真=C-JeS Entertainment
  • 入力 2021-01-27 10:46:27