ENHYPEN、初のファンミーティングが大盛況「もっと成長するため努力する」


新人グループENHYPENが全世界のENGENE(ファンクラブ名)と共にデビュー初のファンミーティングを盛況裏に開催した。

ENHYPENは6日と7日初のファンミーティング「2021 ENHYPEN FANMEETING 'EN-CONNECT'」を開催した。

世界中のファンの熱望と期待に応えデビュー2か月目にしてファンと「超高速出会いの場」を設けたENHYPENは多様なイベントで約3時間にわたるステージを飾り世界中のファンと特別な思い出を作った。7人のメンバーはボールトラップ、レモンを食べて自信のある表情作り、絶対日常音感、人形手袋をはめて板割り、回転後のランダムダンスなど「EN-CHALLENGE」コーナーで1発芸と負けず嫌いな姿を見せた。

またENGENEが愛したENHYPENの瞬間を公開する「EN-CODE」コーナーには事前参加の投票が約5千件に達しENHYPENの熱い人気を実感させた。

ENHYPENはデビューアルバム『BORDER : DAY ONE』のタイトル曲「Given-Taken」と収録曲「Let Me In (20 CUBE)」、「10 Months」、「Flicker」はもちろん、「I-LAND」で公開した「Chamber 5(Dream of Dreams)」のステージとBTSの「Boy In Luv」のカバーステージで多彩な魅力を披露した。

また、デビュー後初公開となるユニットステージも盛り上がった。ジョンウォン、ジェイク、ソンフン、ソヌはBTSの「I LIKE IT」のカバーステージを、ヒスンとジェイ、ニキはEXOの「LOVE ME RIGHT」のカバーステージを華やかなパフォーマンスで飾った。 公演中、ENHYPENは目と耳を虜にするライブ舞台を通じて今年新たに行われる活動への期待を高めた。

特にENHYPENとENGENEはお互いへのサプライズプレゼントを公開し感動を深めた。ファンミーティングの初日(6日)、ENHYPENは、ENGENEのために予め準備してきた手書きの手紙を朗読し2日目は、世界のENGENEが送ってくれた応援棒の写真やメッセージで製作された映像をサプライズ公開し、お互いの絆を深める意義深い時間を過ごした。

ENHYPENは「最初のファンミーティングに来ていただき、ありがとう。ENGENEの方々の応援が全て心に響きステージ上のENHYPENという存在について改めて思い知らされた。これからももっと近くで会える時間がたくさんあるといいな。時間を重ねるごとにもっと成長できるよう努力しENGENEの方々により大きな喜びをお届けしたい」とファンミーティングを行った感激の気持ちと今後の抱負を明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 / 写真= BELIFT LAB
  • 入力 2021-02-08 14:02:11