防弾少年団「Dynamite」、米ビルボード「HOT100」に6カ月間チャートイン


  • 写真:Big Hitエンターテイメント

防弾少年団(BTS)が米国ビルボードチャートで驚異的な底力を見せている。

去る9日(以下、現地時間)、米国ビルボードが発表した最新チャート(2月13日者)によると、防弾少年団のデジタルシングル「Dynamite」は「ビルボードグローバル(米国を除く)」チャートで2位、 「ビルボードグローバル200」で3位を記録した。

「ビルボードグローバル200」と「ビルボードグローバル(米国を除く)」チャートは全世界200以上の国/地域のストリーミングと売り上げ量を集計して順位を発表しており、「Dynamite」は「ビルボードグローバル(米国を除く)」の最新のチャートまで22週連続トップ5にとどまり最長トップ5の記録を続けた。

また「Dynamite」はメインシングルチャートである「ホット100」で直前週のランキングと同じ46位を維持しており、「デジタルソングセールス」2位、「アダルトコンテンポラリー」17位、「メキシコイングレスエアプレイ」22位を記録し、発売されてから6カ月が過ぎた今もなお複数のチャートでグローバル「ヒットソング」の人気を感じさせた。

防弾少年団のアルバムも多数のビルボードチャートで冷めない熱風を持続している。

昨年11月に発売された『BE (Deluxe Edition)』はメインアルバムチャートである「ビルボード200」で74位を記録した。昨年2月に発売された4thフルアルバム『MAP OF THE SOUL:7』は157位を記録して50週連続でチャートインした。

防弾少年団はまた「ワールドアルバム」チャートに『BE (Deluxe Edition)』と『MAP OF THE SOUL:7』以外にも『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』、『LOVE YOURSELF 承 'Her'』、『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』、『Skool Luv Affair』、『MAP OF THE SOUL:PERSONA』に至るまで、7枚のアルバムをチャートインさせる威厳を誇った。

一方、防弾少年団は19日、米国ビルボードのシングルチャート「ホット100」1位、「2021グラミー賞」ノミネートという新しい歴史を作り、全世界のファンに報いる気持ちを込めて『BE (Essential Edition)』を発売する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-02-10 08:05:27