「第41回青龍映画賞」ラ・ミランとユ・アインが主演賞に「俳優として生きる」


  • 写真:

ラ・ミランとユ・アインが男女主演賞を受賞した。

去る9日、仁川パラダイスシティで開かれた第41回青龍映画賞でラ・ミランとユ・アインが男女主演賞を受賞した。

ラ・ミランは映画『正直な候補』で主演女優賞を胸に抱いた。ラ・ミランは「私たちの映画がコメディ映画なのでノミネートしてくださっただけでも感謝しましたが、どうして賞まで」といたずらに感想を述べた。

続いて「昨年、私達がとても大変な時期を過ごしてきたので、そのような中で小さな笑いをお届けできたことに多くの意味を見出していただけたのではないかと思います。来年も皆さんを笑わせてみせます」と今後の活躍を予告した。

主演男優賞は映画『音もなく』のユ・アインが受賞した。

ユ・アインは「『音もなく』は俳優として私の最初のスタートを想起させる作品でした。映画で何をすべきか知っていらっしゃる方と作業できて嬉しかったです」と語った。続いて「どこででも、どのような方からでも使われる準備ができています。思う存分に持ち出して使ってほしい。俳優として生きていきたいです」と付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2021-02-10 08:33:50