NU'EST&SEVENTEEN、旧正月の挨拶映像が公開「幸せあふれる一年に」


NU'ESTとSEVENTEENが2021年の旧正月の挨拶映像を公開した。

所属事務所のPledisエンターテイメントは今日(10日)正午、公式YouTubeとSNSチャンネルを通じてNU'ESTとSEVENTEENが伝える2021年新年の挨拶を公開、旧正月を迎えて活気に満ちた挨拶を交わしながら連休の雰囲気をさらに盛り上げた。

まずNU'ESTは「2021年の辛丑年が明けました。新年、明けましておめでとうございます。L.O.Λ.E(ファンクラブ名)の皆さん、昨年一年間、本当にお疲れ様でした。いつの間にか、2021年の新年が近づいてきました。昨年は、いつよりも困難だった一年だったと思います。2021年がこの上なく皆が幸せな一年になればと願っています」と伝えた。

続いて「2021年が「白い牛の年」と言います。めでたい気運が宿るという白い牛の年であるだけに豊かさと余裕があふれる一年になることを願っています」と励ましながら「L.O.Λ.Eの皆さん、今年は成そうすることが全て叶えられ、心配なく健康で常に楽しいことだけが溢れることを願っています」と付け加えた。

特に個人的な事情で参加できなかったアロンの写真と共に登場したNU'ESTは特別なチームワークを見せながら「暖かくて安全な旧正月を過ごしながら、昨年一年間の良くなかったことは吹き飛ばして僕たちNU'ESTと一緒に幸せな2021年を作っていきたいです」と愛情のこもった言葉を加えた。

続いてSEVENTEENは「多事多難だった2020年が過ぎ2021年の新しい年が明けました」というコメントと共に愉快な雰囲気で登場し「CARAT(ファンクラブ名)達、あけましておめでとうございます」と笑いを加えたメッセージを伝えSEVENTEENならではのエネルギーを伝えた。

最後に丑年生まれのSEVENTEENのメンバーたちが意味深いメッセージを伝えたりもした。ミンギュは「愚直な牛のように、僕たちみんなが黙々と困難を乗り越えて大切な日常を取り戻す一年になればと思います」、ディエイトは「新年は何よりもCARATたちの健康に気を付けて。体だけでなく心の健康まで気を使ってほしいです」と伝えた。

ドギョムは「CARATたちの横には、いつもSEVENTEENがいますから。(今年も)頑張ってください」、スングァンは「旧正月は息苦しくても家でSEVENTEENと一緒に楽しく過ごしてください。いつも幸せなことばかり起こるように僕たちSEVENTEENが応援します」と ファンに温かい気持ちを伝えた。

このように旧正月を迎えて温かさを加えた連休の始まりを告げたNU'ESTとSEVENTEENは、今年も国内外を行き来する多様な活動を続ける予定で2021年に彼らが披露する新しい歩みをさらに期待させる。

一方、NU'ESTは今後、様々な活動でファンと会う予定であり、SEVENTEENは4月21日に日本で3rdシングル「ひとりじゃない」をリリースする。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 / Pledisエンターテインメント
  • 入力 2021-02-10 13:18:05