カン・ハヌル「インサイダー」出演確定 アクションサスペンスに挑戦


  • 写真:毎経ドットコム MKスポーツ チョン・ジョンファン記者

カン・ハヌルが『インサイダー』への出演を確定した。

JTBCドラマ『インサイダー』(脚本ムン・マンセ、演出ミン・ヨンホン)は潜入捜査に参加した司法修習生「ヨハン」(カン・ハヌル)が一瞬にして地獄に落ちた後、刑務所の賭博場で運命を変える手札を手にするために苦労するアクションサスペンスドラマだ。

カン・ハヌルが引き受けた主人公キム・ヨハン役は、何手も先を考える慎重さと特有のポーカーフェイスを持ち合わせた人物で、捜査途中に予想外な出来事に巻き込まれ危機にぶち当たるものの、つねに危機をチャンスに変えて激しく生存して成長する姿を見せる予定だ。

ドラマや映画、演劇まで、メディアと舞台をまたにかけて活躍し、名俳優として大衆に信頼されている俳優カン・ハヌルは、KBS2ドラマ『椿の花咲く頃』で一途で純粋なファン・ヨンシク役をカン・ハヌルだけのカラーで完成させた。このドラマで「2019 KBS演技大賞」最優秀男優賞をはじめとし、「第56回百想芸術大賞」テレビ部門最優秀男性演技賞、「第15回ソウルドラマアワード」韓流ドラマ部門男優演技賞、「第47回韓国放送大賞」演技者賞、「2020 APANスターアワード」ミニシリーズ部門最優秀男優演技賞に輝き、旬の俳優としての底力を立証した。

カン・ハヌルが主人公を引き受けて下半期の期待作に浮上したドラマ『インサイダー』はOCN『プリースト』を執筆したムン・マンセ作家が脚本を、OCN『ミッシング:彼らがいた』のミン・ヨンホン監督が演出を引き受け、tvN『秘密の森』シリーズ、tvN『告白』、JTBC『天気が良ければ訪ねて行きます』を制作した「エースファクトリー」が制作する。

一方、カン・ハヌルの新しいドラマ『インサイダー』は2021年下半期に放送される。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ ソン・ジナ記者
  • 入力 2021-02-10 12:00:01