「歌手になるためパク・ジニョンを利用した」ピョルがデビューストーリー公開


  • 写真:SBS Plus 放送画面キャプチャ

歌手のピョルがデビューするためにJ.Y. Parkことパク・ジニョンを利用したと打ち明けた。

去る15日に韓国で放送されたSBS Plusのバラエティ番組『カン・ホドンのご飯の心』には歌手ピョルが出演してトークを交わした。

この日、カン・ホドンは「このような表現は少し刺激的だが、歌手デビューのためにパク・ジニョンを利用したと聞いた」と尋ねた。

ピョルは「学生時代にテレビを見ていたらリャンヒョン・リャンハ(双子のダンスグループ)が出てきた。釜山で踊っていたところ、パク・ジニョンが自分たちに会いに来たという。その話を聞いた瞬間「パク・ジニョンだ」とひらめいた。私を歌手にしてくれる人だと思った」と明らかにした。

続いて「常に頭の中に持っていた考えが私が歌手になるための障害物は故郷の瑞山(ソサン)だと思っていた。私の才能に気づいてくれる人は、あまりにも遠くにいた。ところが(パク・ジニョンは)釜山にまで来てくれたという。彼のキャスティングに対する情熱は本物だと感じた」と付け加えた。

以後、パク・ジニョンのCDに書かれていた私書箱に電話をかけたというピョル。ピョルは「ファンクラブの会長が(パク・ジニョンの)スケジュールを読み上げてくれたのだが、大学路でファンミーティングをすると聞いた。かくし芸大会の申し込みを受け付けているので連絡してほしいと話していた。私はパク・ジニョンのファンクラブではないが、ここに行くと決心した」と話して笑いを誘った。

また「ファンクラブの会長が「申し訳ないが、ファンクラブの人からのみ申請を受けつけている」と話してきたので、ファンだとアピールしたが「相談してから連絡する」と電話を切られたという。その後、練習をしていたところ1人が緊張してできないと出場をあきらめたという。切実にアピールしていた私を思い出して連絡をくれたのだった」と運が良かったと語った。

待望のファンミーティング当日。ピョルは「舞台に上がってすぐ唐突に「皆さんこんにちは。私は歌手志望生だ。私の歌を聞いて私に歌手としての資質があるのか評価して発見してほしい」と話した。その前まで雰囲気がとても良くなかったが、私はあまりにも切実だった」と回想した。

また「とても緊張して最初の音の調節に失敗した。ところが(パク・ジニョンが)途中で歌を中断させた。「今。音を高くつかんでしまったようだ。もう一度やってみようか」と尋ねてきた。瞬く間にオーディション会場となり、切実だった私は再び音程を合わせて歌った。彼の口から「努力してみよう」、「素質がある」という言葉を聞くだけでも良いと思っていたのに「マネージャーに電話番号を教えてくれればオーディションの機会を与える」と公に約束してくれた。1カ月後に連絡が来て3年の練習生生活を経てデビューすることになった」とデビューをするまでのストーリーを明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヒョウォン インターン記者
  • 入力 2021-02-16 09:51:47