故イ・ジウンさん「海神」など出演作多数 息子の入隊後一人で過ごす


  • 写真:KBS YouTube放送画面キャプチャ

女優のイ・ジウンさんが亡くなった。享年52歳。

9日、聯合ニュースは「警察などによるとイ・ジウンさんが前日の午後8時頃、ソウル市中区の自宅で遺体で発見された」と報道した。

イ・ジウンさんは一緒に過ごしていた息子が軍に入隊した後、一人で暮らしてきたことが分かった。

1994年、青春ドラマ『フィーリング』でデビューしたイ・ジウンさんはボーイッシュな魅力と異国的なイメージで人気を得て、『若者のひなた』『カラー』『嫁三国志』、『王と妃』、『人の気も知らないで』など多数の作品に出演した。

スクリーンにも活動領域を広げて映画『錦紅よ、錦紅よ』『悪い女』などに主人公として出演して大胆な演技で青龍映画祭と大鐘賞映画祭で新人女優賞を受賞した。

しかし2004年、KBSドラマ『海神』を最後に芸能界から完全に引退した。

イ・ジウンさんは2000年12月、ベンチャー事業家イ・ジンソンさんと結婚して実業家であり主婦としての生活を送ってきた。子ども向けの美容室を運営しているという近況がテレビを通じて伝えられていた。

警察はイ・ジウンさんの正確な死因究明のために現在、遺族と解剖を協議中であることが分かった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-03-09 09:16:51