トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > チョン・ジェヨン&ムン・ソリ&イ・サンヨプ&キム・ガウン「狂わなくては」の豪華ラインナップ

チョン・ジェヨン&ムン・ソリ&イ・サンヨプ&キム・ガウン「狂わなくては」の豪華ラインナップ


  • チョン・ジェヨン&ムン・ソリ&イ・サンヨプ&キム・ガウン「狂わなくては」の豪華ラインナップ
  • 写真:MBC

『狂わなくては』がチョン・ジェヨン、ムン・ソリ、イ・サンヨプ、キム・ガウンのパーフェクトラインナップを完成させた。

6月に初放送予定のMBC新水木ドラマ『狂わなくては』(演出:キム・グンホン、チェ・ジョンイン、脚本:チョン・ドユン、制作:IWill Media)は、激変する職場で生き残るために踏ん張る中年会社員の熾烈な生存記を描く。会社員なら一度は悩みそうな「退社」と「離職」から誰も自由ではない「解雇」まで、中年会社員の生存のためのオフィスドラマとして愉快な共感を与える。 『善徳女王』、『ウェルカム2ライフ~君と描いた未来~』、『朱蒙(チュモン)』などを演出したキム・グンホン監督と『魔女の法廷』、『童顔美女』などを通じて優れた筆力を認められた作家チョン・ドユンがタッグを組んで完成度を高める。

チョン・ジェヨンはハンミョン電子生活家電事業部開発者のチェ・バンソク役を演じる。チェ・バンソクは冷静な理性と温かい感性、オヤジギャグへの欲まで兼ね備えたベテランエンジニアだ。突然吹き荒れた「リストラ突風」にも特有の生存力を発揮して耐えたが紆余曲折の末、人事チームに不時着する。チェ・バンソクはワーカホリックの人事チーム長タン・ジャヨン(ムン・ソリ)と必然的な共生関係に絡み「狂わなくては」耐えられない激しい生存ストーリーを繰り広げる。特有の親しみやすいリアリティーな生活演技でチェ・バンソクを完成させるチョン・ジェヨンの活躍に期待が集まっている。

ムン・ソリは生活家電事業部人事チーム長タン・ジャヨン役を演じる。タン・ジャヨンは優れたリーダーシップで後輩たちに尊敬され適当に支持しても的確に仕事をこなす瞬発力で上司たちの信任を受けるワーカホリックだ。自己啓発を止めない強迫観念に、昇進のために絶えず努力してきた根性の持ち主だ。チーム長に昇進辞令を受けた生活家電事業部で人事業務については全く知らないチェ・バンソクはもちろん、恩讐のような前夫のハン・セグォン(イ・サンヨプ)と絡んで激変の瞬間を迎える。「共感できるキャラクター」を上手に演じるムン・ソリがチョン・ジェヨン、イ・サンヨプとどのような相乗効果を見せてくれるか期待が高まる。

変化に富んだ演技で愛されるイ・サンヨプは開発総括室長ハン・セグォン役を演じる。ハン・セグォンは表向きは華やかだが涙もろいタン・ジャヨンの前夫だ。彼はオーナーと血縁関係だがグループファミリーに入れない劣等感で出世欲が強い人物だ。キャリアの最高値を記録している中、自分を大したことのないと接する唯一の人物であるタン・ジャヨンが、同じ生活家電事業部へと発令を受け変化を迎えている。キャラクターの雰囲気をしっかり表現できるイ・サンヨプがハン・セグォンのダイナミックな面貌をどう描き出すか好奇心をそそる。

キム・ガウンは商品企画チームの代理ソ・ナリ役を演じ多彩な魅力を披露している。ソ・ナリは特別なビジュアルでハンミョン電子の中の人気者だ。公開採用出身で事業部常務の義妹という後光まで、それこそ鼻の高いお姫様。しかし人事チーム長タン・ジャヨンの転入で彼女の職場生活も狂い始めた。

ムン・ソリと妙な対立を見せて劇の面白さを増すキム・ガウンの活躍が期待される。

制作陣は「中年会社員の熾烈な生存ストーリーを扱っただけに、これまでのオフィスドラマと違う差別化された楽しみがある」とし「キャラクターの魅力を最大化し共感を広げる演技派俳優も大勢合流した。期待してほしい」と伝えた。

『狂わなくては』は6月に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-03-09 13:18:00