東方神起ユンホ、防疫ガイドライン違反に叱咤よりも応援が溢れる理由


  • 写真:毎日経済スタートゥデイDB

グループ東方神起のユンホ(本名チョン・ユンホ、35)が防疫ガイドライン違反で物議の中心に立った。所属事務所はもちろん本人も直接謝罪した中で、世論はこれまでの「物議芸能人」に対する態度とは異なり、むしろ暖かい。

ソウル警察庁は9日、ユンホを感染症の予防および管理に関する法律(感染症予防法)違反の疑いで立件して捜査中だと明らかにした。

ユンホは先月末、ソウル市江南区清潭洞にある飲食店に夜10時過ぎの深夜まで滞在した疑いを受けている。

韓国では現在、社会的距離が2段階に設定されており、ソウルを含む首都圏のレストラン・カフェ・カラオケなどの営業時間が午後10時までと制限されている。

所属事務所SMエンターテイメントはニュースが知られた直後に公式コメントを発表して「新型コロナウイルスにより多くの方が苦しい状況のなか、ご心配をおかけして心から申し訳ない」と謝罪した。所属事務所は「ユンホは最近、江南のある飲食店で知人3人と会って話を交わす中で営業制限時間を超えてしまい調査を受けた」と明らかにし、「ユンホは一瞬の油断により多くの方を失望させた点について深く自責して反省をしている」と伝えた。

ユンホも自分のインスタグラムに「これまで私を信じて応援してくださったすべての方を大きく失望させた」と謝罪した。ユンホは「何よりも新型コロナウイルスにより厳しい状況に耐えて努力してくださっている医療関係者の皆さんをはじめ、大変で疲弊する一日を過ごしておられるすべての方々にも申し訳ない」と重ねて謝罪した。

彼は「友人と会って話を交わしながら時間を過ごし、営業制限時間を守らなかった自分がとても恥ずかしく、自分にも腹が立ち、私の誤った行動により多くの方々が怒り、悔しがられたようだ」とし「さらに注意を払えずに誤った行動をとったことがあまりにも後悔され、申し訳ない気持ちばかりだ」と頭下げた。

それとともに「防疫ガイドラインに違反したことを深く反省し、新型コロナウイルスの防疫ガイドラインをより徹底して守り、つねにより深く考えて行動するチョン・ユンホになる」とし「もう一度心から申し訳ない」と謝罪を繰り返した。

これまで1年間、新型コロナウイルス防疫ガイドライン違反で物議の中心に立った芸能人は数多くいたが、そのたびにネットユーザーたちは冷酷な叱責と冷ややかな視線を送ってきた。しかし、今回のユンホに対する視線は意外にも「そんなこともある」と慰める反応であることから注目される。

ユンホに対しても失望したという反応が存在するものの、多数のネットユーザーたちは「反省する気持ちがあるのであればいい」「同じ過ちを犯さなければいい」「そんなこともある、あまり自分を責めないで」「反応が意外にも大丈夫だ」などの反応を見せている。

ネットユーザーたちが失望よりも応援を送っている理由は、彼がこれまで見せてきた行跡を介して類推することができる。ユンホはデビュー後15年を超える期間のあいだ「情熱マンスール」「誠実マン」と呼ばれながら誠実な姿を見せてきた。単純なイメージだけでなく実際に周辺人物たちにそのような姿を見せてきたことから、ユンホの今回の防疫ガイドライン違反に対する失望も存在するものの「誰でも一度はミスをする」という反応が多数なのだろう。失望を勝ち抜いた信頼の力と見ることができる部分だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-03-10 10:46:37