Q.ボーイグループONFについて教えてください(下)

답변게시판
A. 多国籍アイドルONFのリーダーは2人です。
2つのユニットがはっきり区別されているので、チームを率いるリーダーも自然に2人になったのでしょう。

ONチームのリーダーはHYOJINで、OFFチームのリーダーはJ-USです。日本人メンバーの水口裕斗はOFFチームに属しています。

ONFがデビューした経緯を前回紹介しましたが、メンバーにとってはかなりつらい時間だったのでしょう。メンバーそれぞれの立場では、デビュー過程も順調ではありませんでした。練習生として過ごした期間がかなり長い方に属します。

WYATTとMKはなんと8年間も練習生生活をしてきました。HYOJINとJ-USは5年、E-TIONとUは3年という短くない時間を練習生として過ごしました。デビューも順調ではなかったです。詳しい説明はメンバー紹介で説明します。

ONFより2年早くデビューした所属事務所の先輩グループOH MY GIRLのメンバーとほぼ同じ年代で、一番年上が1994年生まれで、末っ子が1999年生まれという点も同じです。

ONFのメンバーは、同僚のアイドルグループATEEZの控え室に気兼ねなく出入りするほど、とても親しくしています。そのため、2つのグループを合わせて「ON&TEEZ」と呼んだりもします。他のアイドルグループ、ONEUSと一緒にいる時は 「ONE&TEEZ」になります。

メンバー紹介

HYOJIN(金曉珍、1994.04.22):ONチームのリーダー、メインボーカルです。「感性リーダー」と呼ばれるほど美しい音色と豊かな感情が混ざった声でバラードが上手です。K-POP専門ジャーナリストのパク・ヒアは最近活動中のボーイグループのボーカルの中ではDAY6のソンジン、N.Flyingユ・フェスンと共にHYOJINを「耳を虜にする3人」に挙げ、HYOJINの歌が最も切ないと評価しました。JTBCの『MIX NINE』のデビュー組に入りましたが、デビューはできませんでした。高校1年の時から一緒に歌手の夢を育ててきたJ-USとは14年の仲です。WMエンターテインメントに一緒に入社し5年間の練習生生活をしました。小学生の頃4~5年ほどピアノを習ったため、ファンサイン会やVアプリでピアノを弾きながら歌う姿を見ることができます。猫アレルギーがありますが、MKが野良猫に餌をやりに出かける時は一緒に行くそうです。V LIVEのタイトルは「アンニョンFuse」です。

E-TION(李昌潤、1994.12.24):美しい美声を持つボーカルです。歌に合わせて感性を込めて表現することに長けており、作曲家たちは「カメレオンのようだ」と評します。ダンスをする時は骨盤をよく使います。親の反対を押し切ってチキン屋、コンビニ、ドーナツ屋、和食屋、タイ料理屋などでアルバイトをして貯めたお金で、実用音楽塾に通いながらオーディションに合格しました。どもることもありますが、バラエティ番組に適した才能がありノリがいいため、バラエティ番組での活躍が期待されるメンバーです。デビュー前に経験した苦悩を話し号泣するMKを見て泣くほど涙もろいです。周りの人にからかわれると恥ずかしくて我慢しようと努力しますが、一度泣き出すとどうすることもできないほどです。手先が器用で絵も上手で所属事務所の公式オンラインショッピングモールで販売したONFの団体Tシャツをデザインしました。左腕に座右の銘「Work Hard, Play Hard」の頭文字である「WHPH」のタトゥーが刻まれています。V LIVEのタイトルは「Chionion」です。

MK(朴珉均、1995.11.16):音色が非常に澄んでいて魅力的で、ポップソングを歌う時に際立ちます。STARSHIPエンターテインメントで5年間練習生生活をしMONSTA Xのメンバーを選ぶサバイバル番組で脱落してWMエンターテインメントに移籍しました。いたずら好きで、たまに正体の分からない英語をしゃべる時もあり、チームで一番面白くて元気なメンバーです。愛嬌もたっぷりです。自称他称グループのビジュアルメンバーです。両頬の鮮やかなえくぼと鼻筋の横のホクロがチャームポイントです。動物が大好きで入社後2年間、寮の周辺の捨て犬や捨て猫の飼料を世話しました。野良猫2匹を家で飼っています。道を歩いててケガをしたスズメを見つけて動物病院に連れて行ったことがあります。ギターを好んで弾きギター伴奏で歌をカバーした映像が多いです。ゲームが上手で、eスポーツの実力者として取り上げられています。V LIVEのタイトルは「MKの屋根裏部屋」です。

J-US(1995.01.13):リーダー、リードダンサー。『MIX NINE』のオーディション当日に祖母が亡くなりましたが、チームのリーダーという雰囲気を見せずデビュー組に直行しました。「今日は大事な日でオーディションなのに、僕が雰囲気を壊したら… みんなのコンディションは誰が責任取るんですか、僕がリーダーなのに…」と話し強い印象を残しました。耳を虜にする澄んだ清雅な声で『覆面歌王』で第2ラウンドに進出し素晴らしい実力を見せました。大きな瞳と白い肌がマルチーズを連想させ、ファンから「マルチーズ」と呼ばれています。小学生時代、卓球選手として出る準備までしたほど実力があり、たまに卓球に関する一発芸を披露します。寝てる時は周りの音を気にしないため横でスピーカーで歌を歌って踊っても関係なくよく寝ます。V LIVEのタイトルは「リフレッシュ」です。

WYATT(沈宰英、1995.01.23):メインラッパー、リードダンサー。ラップメイキングの才能があり、グループの歌の作詞家名簿によく名前が登場します。所属事務所の先輩であるB1A4がデビューする前からWMエンターテインメントで練習生生活をしていました。広い肩と低い声で強いイメージがありますが、愛嬌たっぷりで可愛い上に心は弱いほうです。些細なことまでいろいろ面倒を見てくれるなど、気配りが上手です。漂う雰囲気が多彩で、スタイリングによってコロコロ変わるほどです。幼年時代、父親と一緒にカザフスタンで5年ほど暮らしながら国際学校に通ったため、英語が流暢です。ハンバーガーを4口、ピザを3口で平らげるほど食べるのが早いです。母胎ソロ(男女交際をしたことがない人)と推定されます。V LIVEで「WYATTの母胎ソロ説は本当か?」というコメントを激しく否定します。「Fuseと付き合ったら、もう母胎ソロじゃない」というコメントに 「そうだけど…」と答えました。V LIVEで「小学生の時に付き合ったことがある」と話しファンにからかわれています。V LIVEのタイトルは「WYATTとワッソ」。ワッソはタメ口モードで、WYATTはファンの悩みを聞く形式で進行されます。

水口裕斗(1999.03.16):メインダンサー、サブボーカル。外国人であることに気づかないほど、韓国語の発音が優れています。ラップも難なくこなします。淡白な音色でIUの「eight」をカバーした映像で真価を発揮しました。身長170センチとやや低い方ですが、細かい動作を滑らかに的確に表現するほど、ダンスの実力が優れています。振り付け創作の能力も持っています。中学校卒業直前、日本でJYPの推薦を受けオーディションに応じましたが、高校進学試験期間と重なって中学校を卒業したまま韓国行きを選びました。JYPと別れた後、日本に戻り大変な時間を過ごしましたが、家族の応援で再び韓国に来て焼肉屋でアルバイトをしながらオーディションを通じてWMエンターテインメントに入社しました。楽しくなると走るリアクションを見せますが、スーパーマリオのようにまっすぐ高く飛びます。年齢の差がほとんどないグループで、4~5歳年下の末っ子として可愛がられています。映像の編集に長けており、OFFチームのダンスカバー映像をはじめ、グループの各種映像を直接編集したりYouTubeやTwitterに掲載する任務を担っています。V LIVEのタイトルは、「ユ・ナ・シ」で「ユウトと分かち合う時間」の略です。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-03-26 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄