Q.ボーイグループのCRAVITYについて教えてください(下)

답변게시판
A. 公式的には言及されていませんが、CRAVITYのメンバーはそれぞれ違う象徴色を持っているようです。ミュージックビデオでメンバー達がキューブの中にいる時の内部の色やメンバー一人で踊る時の背景色が違います。誕生日の記念にアップされている写真でも背景の色が違います。

色々なことを総合してみると、メンバーたちの象徴色は以下の通りだと思います。

CRAVITYのメンバーを紹介します。

セリム(朴世琳、1999.03.03):リーダー、ラッパー。

デビュー前に宇宙少女のラップフィーチャリングと同じ所属事務所のソロ歌手チョン・セウンのバックダンサーとして活動した前歴があります。父親が芸能人になることに反対してましたが、持続的に街頭でスカウトされるため「一度挑戦してみなさい」と志願してあげ、CUBEエンターテインメントとYGを経てSTARSHIPに入社しました。メンバーの満場一致でリーダーになり寮を決める時も「同じ部屋を使いたいメンバー」1位に選ばれました。見かけはしっかりしていますが、恥ずかしがりやでかわいらしい面も多いです。話し方も静かです。メンバーの中で力も一番強いです。ファンサービスが上手く、ほぼ毎日自撮り写真をアップしますが、「チョア❤」という表現を乱発します。 ファンは喜びます。

アレン(Allen Ma、1999.04.26):メインダンサー、ラッパー。

台湾で生まれて5歳で米国に渡った台湾系アメリカ人。STARSHIP初の米国出身アイドル。英語と中国語、韓国語が堪能なのでチームの中で外国語を担当します。韓国語の実力も尋常ではないです。ハイトーンのセリムに比べて声が低く魅力的です。中学校に通っていた時、SHINeeの舞台を見た後、アイドルへの夢を見始めたといいます。JYPで練習生として過ごしSTARSHIPに移籍しました。後頭部と唇を触る習慣があり、夜が明けると耳栓をして寝床に入るのも癖です。夢で振り付けを作ったことがあるというです。

ジョンモ(具廷謨、2000.02.05):ボーカル。

『PRODUCE X101』で最終6位でしたが、投票操作事件で12位と偽り発表された被害者です。歌声がきれいな上、歌唱力もよく、デビュー曲で最も多くの持分を持っています。第一印象がとても良く実際の性格もおとなしいので滅多に怒りません。高校の頃バンド部で活動したことがあり、ポジションはギターでした。幼少時代はニュージーランドに住み、英語が堪能です。苗字と同じ発音の数字「9」とは縁が深いです。午前9時9分に生まれ『PRODUCE X101』で連続3回9位となり、初回から最終回までの分量が9分ほどでデビューも9人組です。レンズ挿入手術前の視力がー9で母親が見た夢も「アオダイショウ(クロンイ、구렁이)」でした。

ウビン(徐宇璸、2000.10.16):メインボーカル。

真性と歌声、すべてを活用してバラードとダンス曲などジャンルを問わずによく消化します。「鋼鉄声帯」と呼ばれるほどの声量もあります。ダンス、ミディ、ラップ、振り付け、フリースタイルにも長けています。作曲も好きで好みのジャンルはR&Bです。意外と突拍子もない面があり、機知にも優れています。グループで料理がいちばん上手です。ミニが付けてくれたあだ名は「マンチッナム」ですが、意味は「餃子を破って出てきた男」です。2歳下のミニと同時期にSTARSHIPに入社し寮で一緒に生活したせいか、多くの愛情を注ぎます。口元と耳にホクロがありますが、耳のホクロはピアスの詰まり跡で、ファンは口元のホクロを「チョコチップ」と呼んでいます。

ウォンジン(咸元進、2001.03.22):ボーカル。

7歳の時から16歳まで子役俳優、子役声優として活動し芸能人の基礎を固めました。WINNERSダンススクール出身で小学生時代「リトルウィナーズ」公演で舞台に何度も立ちました。Big Hitの非公開オーディションをパスして練習生として過ごし2017年にSTARSHIPに所属を移しました。『PRODUCE X 101』に参加しており最終順位は19位でした。情が厚い性格で周りの人によく気を配ります。メンバーの中で一番のいたずらっ子です。日本人と自然に会話できるほど日本語に堪能です。日本の最新流行語もよく知っていて「CRAVITY日本」の公式Twitterに書き込んだハッシュタグ「#Luvityしかかたん」は、日本の女子生徒の間で通用する流行語です。野球、バスケットボールなど球技種目が好きで運動神経も良いです。普段からサーチをよくする方でファンの間で物議になった「ハムギン(ハム・ウォンジンの赤ちゃん)」と「ハムオプ(ハム・ウォンジンのお兄さん)」の物議も知っているほどです。「舞台の上ではハムオプになりたいが、舞台の下ではハムギンと記憶してほしい」という意思を示し波紋を静めました。

ミニ(姜珉熙、2002.09.17):ボーカル。

『PRODUCE X 101』に参加し最終順位10位でX1のデビューメンバーに選ばれました。新鮮で淡泊な歌声が他の人とははっきりと区別されます。人が話す時に目を合わせる習慣があります。年齢を問わず親しみやすくファンサービスも優れています。ダンス教室に通っていた時代、いつも塾のドアの前に座って、塾に来る生徒を笑顔で迎えてくれるため「ホシン(守護神)」と呼ばれたことがあります。白い肌、濃い眉毛、えくぼ、そばかす、長いまつげ、微笑みなどのチャームポイントが多いイケメンです。緊張すると鼻を触ったり瞬きしたりする習慣があり、ひどい場合、耳まで赤くなります。かわいい子犬のマルチーズに似ているとよく言われますが、当の本人はドーベルマンになりたいという欲求(?)をほのめかしました。幼い頃の夢は植物学者です。小学校に通っていた時、5年間野球部で投手と内野手として活動し、そばかすもこの時できたそうです。

ヒョンジュン(宋刑準、2002.11.30):ボーカル。

慶尚南道(キョンサンナムド)統営(トンヨン)出身で故郷でダンス教室に通っていた当時、才能寄付の形でボランティア活動に励みました。『PRODUCE X 101』に最終4位で堂々とデビュー組に合流しました。かわいいイメージとは違って踊る時はパワーが溢れます。涙もろいし笑いも多い感性的な性格で新しく人と付き合う時も気兼ねしません。身長174センチと高いですが、手足が細長く、その比率がいいです。自分の顔で一番気に入っている部位は大きな目です。微笑みも魅力のポイントです。香りのいい匂いを好み、繊維香水をバッグに入れて持ち歩いている姿が練習生時代からよく目撃されていました。最近のソファクヘン*(ささいだが確実な幸せ)は「夜は電気を消して、ベッドと体に香水をつけてからキャンドルをつけて歌を聞く」、寝る時にミンヒに謝る寝言をする癖があります。

テヨン(キム・テヨン、2003.01.27):ボーカル。

SMの練習生出身です。何事にも積極的で、させなくても熱心にします。チーム内のギャグ担当で雰囲気が収まると、盛り上げるために努力します。目鼻立ちがはっきりしていて目が本当に大きいです。バラが好きで、バラが描かれた服や小物がよく見られます。笑う時の目尻が上がった姿がフェネックに似ていますが、本人も認めています。鼻息が荒くなる癖があります。同級生たちの話によると塾に通わなくてもよく勉強できる方だったそうです。小学校時代にドラムを習い、初めてのファンミーティングでアレン、ジョンモと一緒にバンド部の舞台を飾りました。ソファクヘン*は「毎朝起きてファンの応援文を読むこと」です。

ソンミン(安性珉、2004.08.01):ボーカル。

中学校3年生の時、学校を終えて家に帰る途中、学校の正門でスカウトされました。「芸能人になってみませんか?」という言葉に詐欺かと思いましたが、受け取った名刺を見て連絡先を教え、オーディションを受けてSTARSHIPに入社しました。歌声がきれいです。ビジュアルも男子アイドルの中では珍しく美人です。鼻の横にも小さな美人ホクロがあります。チームの中ではすっきりと清純を担当します。結構癖があって、髪をかき上げたり、まばたきしたり、頬を噛んだりとかわいいです。自分が明かす長所は「うそをつかないこと」で、短所は「味に厳しい」です。趣味はホラー映画を見ることです。肌が白くきれいなのに自分でもそう思っているのか、本人を「砂糖」に例えたりします。最近のソファクヘンは「甘いおやつを食べながら 応援文を見る」です。

* ささいだが確実な幸せ
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-05-27 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄