Q.芸能界のラインを教えてください(2)

답변게시판
A. 揆(ギュ)ライン

まず、最近はラインという言葉をほとんど使いません。最後に結成された(?)のがグラインですが、ここでさえラインという言葉をあまり使わないことを前提にしているということを覚えておいてください。

イ・ギョンギュの必殺技「突然、怒るギャグ」(人でもないし、物に初めて怒った人が俺なんだ!)

イ・ギョンギュは、ク・ボンソ、ソ・ヨンチュン、ペ・サムリョン、イ・ジュイルなど韓国の伝説的なコメディアンの系譜を引き継ぐコメディアンです。デビューして40年以上が経つので、現在活動するコメディアンの中では最古参で芸能界のゴッドファーザーと呼ばれたりします。

イ・ギョンギュの特技は「怒ること」です。彼は「怒ること」を3つの用途で使います。

第一に、イ・ギョンギュはつじつまの合わない状況や不当な状況に腹を立てます。例えば、釣りをしている途中に魚が捕まらないと制作陣に怒るといった具合です。
第二に、彼が怒ると他の人が反撃して笑わせる状況を演出します。イ・ギョンギュの怒りに応えたり、気後れしたまま縮みこんだ姿で一言吐き出す反撃です。
第三に、怒るに値するのに無視してしまうことで視聴者の期待を裏切る笑いポイントを作るでしょう。例えば、こういう場合です。イ・ギョンギュがバラエティ番組『知ってるお兄さん』に出演した時、怒ってもキム・ヨンチョルには何も言いませんでした。キム・ヨンチョルが「私には怒らないのか?」と聞くと、「あなたはそんな価値もない」と無視したのです。

こういうスタイルのギャグをするので彼と呼吸を合わせる人が当然必要です。怒ったのにとぼけたり泣いてしまうとこじれるでしょう。実際、イ・ギョンギュが怒鳴り声を上げるギャグとして有名になった時代、イ・ギョンギュと一緒に『想像遠征隊』を離れた俳優のイ・ヨンウン(李令恩)がホテルの部屋で泣いたこともあるといいます。

怒るギャグに3つのタイプあるように、イ・ギョンギュのバラエティ番組に似合う同伴出演者も3つのタイプに分かれます。

イ・ギョンギュの怒鳴り声に一方的にやられるパートナーが1番で、彼の怒鳴り声に同じように対応したり逆襲したりするグループが2番です。イ・ギョングがいくら怒鳴りつけても、ふざけるグループが3番目のパートです。

イ・ユンソク、ユン・ヒョンビン、ユ・ジェファン、ハン・チョルウなどが1番の部類ならば、キム・グラ、パク・ミョンスなどは2番目の部類です。ユン・ジョンシン、カン・ホドンなどはイ・ギョンギュが怒っても様子を見ながらふざけてイ・ギョンギュの力を弱めるので3番目の部類です。

イ・ギョンギュ流のお笑いの組み合わせを達成するために「ギュライン」が作られたとも言えます。
「ガリガリとプニプニ」、このように見てもいいです。

芸能人のラインの中で、一番最初に作られたのがギュラインです。後述するカン・ホドンのカンラインとキム・グラのグラインも広い意味ではギュラインに属します。

ギュラインの中でも、イ・ユンソク、ユン・ヒョンビン、ハン・チョルウ、ユ・ジェファン、キム・ウソク、キム・ヨハン、チョ・ジョンミン、キム・ヨンミョンなどは正統ギュラインのメンバーです。防弾少年団のジンもギュラインに入ります。

正統派のギュラインは、今や一昨日もイ・ギョンギュのサブ役を買って出る芸能人たちです。その中でも代表的な人物を選ぶと細身で「国民の弱骨」と呼ばれるイ・ユンソクです。

延世(ヨンセ)大学国文学科を卒業したイ・ユンソクは、ソウル大学仏文学科を出たソ・ギョンソクとコンビが組み、「いや、そんなにひどい言葉を?」、「いや、そんなに深い意味が?」という流行語を作った高学歴コメディアンとして頭角を現した芸能人です。

「キョンギュさんに感謝しています。妻の世話をしてみたら本当に慣れていたんです。考えてみたら全部ギョンギュさんにやらされた…」

ギュラインに入ったのが家庭生活にも役立ったようです。

ギュラインに少しでも携わった芸能人はたくさんいます。

キム・ヨンマン、イ・フィジェ、ユン・ジョンス、ボーイグループSechs Kiesのメンバーウン・ジウォン、パク・ミョンス、チョン・ヒョンドン、パク・キョンリム、イ・ヒョクジェ、Boom(李敏鎬)、ユ・セユン、キム・ジョンリョル、パク・ヨンジン、パク・ソングァン、Apink出身の女優チョン・ウンジとソン・ナウン、ホン・ユギョン、コメディアンのパク・チソンなどがイ・ギョンギュと一緒に活動した芸能人です。

3人組グループKoyoteのメンバー、シンジ(李智善)、コメディアンのキム・ジミン(金智民)、チャン・ドヨン(張度練)、ガールグループKARAのメンバー、ハン・スンヨン(韓昇延)など気さくな性格の女性芸能人もイ・ギョンギュとタッグを組んでいます。

キム・ヨンマンはイ・ギョンギュととても相性がよく、イ・ギョンギュがパートナーとして一番好むと言及したことがあり、イ・フィジェは新人時代からスターになるまでいつもイ・ギョンギュと一緒にいました。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-10-13 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄