Q.軍務離脱逮捕組で服務した芸能人がいますか?

답변게시판
A. はるか昔のことです。軍服を着た男が歩いています。口にはタバコをくわえてイヤホンをしてタバコの煙とともに口ずさみながら歌っています。その後、タバコの煙のせいで咳き込んでいます。

軍帽はやや斜めにかぶり、ズボンの外に出た上着の裾には変な飾りまでついています。将校と一緒に通り過ぎた憲兵、最近は韓国では憲兵と呼ばず軍事警察と呼ばれます、とにかく憲兵が呼び止めました。

将校がそばにいるのに敬礼するつもりもなく聞いていないふりをして通り過ぎて怒った憲兵が追いかけてきて胸ぐらを掴みました。

その後、数時間後、憲兵は頭を下げて男に許してくれと謝りました。男は軍人ではなく予備軍の訓練を終えて家に帰る途中でした。

以前は時々、こんなことが起こったりしました。予備軍のように見えると声をかけないですが、たまに髪の毛を短く刈って予備軍服ではなく戦闘服を着た予備軍もいたからです。

軍務離脱逮捕組はこのようなミスを絶対にしません。引き受けたことでもないし身分が明らかになることもあるからです。

軍人ではないフリをする偽装が脱走兵を捕まえる第一歩でもあります。

ユニフォームに惚れた女性にとって軍務離脱逮捕組はあまり魅力的に見えないはずです。

このような素敵な姿とは比較にならないです。話が長くなりました。

軍務離脱逮捕組(DP)出身の芸能人が数少ないため余談で紙面を満たそうとしたようです。

コメディアンのユン・ヒョンビンと俳優のパク・ジョンミンです

そのため、ドラマ『D.P』シーズン2ではパク・ジョンミンのキャスティングが有力だという観測まで出ています。

  • パク・ジョンミン

これといった流行語を生み出せなかったコメディアンのユン・ヒョンビンが自慢できるのは、KBS『ギャグコンサート』のキャラクターワン・ビホ*、2014年2月の佃貴也との格闘技、そして軍務離脱逮捕組の勤務です。

* 2008年『ギャグコンサート』に1コーナーとして復活した「ポンスンア学堂」でユン・ヒョンビンのキャラクター。「ムン・ヒジュンがいなくなった今、全国のアンチファンを自分のものにして関心を集めよう」というとんでもないアイデアで誕生したキャラクターで、それまでコメディアンとして生きながらたった4回だけ笑わせたというユン・ヒョンビンを一気にコメディアンのスターに育て上げました。

格闘技の試合は佃貴也との試合がすべてですが、まだまだ自分は無敗ファイターであることを誇ります。

勤務実績は自慢するに値します。陸軍51師団憲兵隊D.P組に勤務しながら脱走兵をなんと52人も検挙したのです。

彼が検挙した脱走兵の中には映画を見るために部隊から逃げた兵士、祖国の呼びかけより浮気した女性に心を奪われた兵士など様々でしたが、彼の経験はドラマ『D.P』シーズン2を作るのに役立ちそうです。

KBS『男子の資格』では「軍隊に憧れた在米韓国人が、いざ入隊してからは軍生活に適応できずに脱走した」というエピソードも紹介しています。

D.P時代、捜査能力が残っているのか、借金取りまで逮捕したそうです。

  • Lim, Chul
  • 入力 2021-12-27 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄