Q.車のハンドルの握リ方でも性格が分かりますか?

답변게시판
A. これから5年間、大韓民国を運転する新しいリーダーを選ぶ日が近づいてきました。
新しく選出される次期大統領の運転習慣はどうなのか、誰もが関心を持っています。

安全運転をするのか、同乗客を不安に震え上がらせるのか、ハンドルを握る手の形を見て投票したいという思いさえします。

アメリカの科学専門記者トム・ヴァンダービルト(Tom Vanderbilt)は『TRAFFIC:運転習慣と交通システムに隠された人間の非理性的本性の探求』という長いタイトルの著書を通じてドライバーの心理を分析しました。

そして、性格によってハンドルの握り方も違うという仮説を出しました。著者が提示したハンドルを握る類型は10種類です。

最も安全な方法は3時と9時に手を置く方法。ウィンカーを出すにも楽だし曲がる時も便利です。万が一、エアバッグが膨らんでも顔に強い衝撃を与えることはありません。

普段、運転をする方であれば記者の仮説が自分にも通じるか確認してみてください。

1.完璧主義者:10時と2時の方向に手を置く人

運転塾の先生から「10時と2時の方向」に手を置けと言われた内容を長年経っても忘れない人です。ルールを忘れずに必ず守って細かい部分までも気にするタイプです。原理原則主義は生活に最も重要な物差しとなり職場でも恋愛でも趣味生活でも一貫しています。周りから「信頼でき責任感のある人」という褒め言葉もよく聞くでしょう。

2.弱虫:11時と1時の方向に手を置く人

安全第一の人です。どんなことでも最後の締め切りや提出する前に何度も点検した方が安心する性格です。おかげで仕事の結果物の質は高いですが、何事も圧迫とストレスに悩まされるようになります。休日には家で気楽に休むことがもっと好きです。友達が多くはないですが、深く付き合うタイプです。

3.冒険家:片手を横に置く人

何かに挑戦すれば人生が面白くなるという座右の銘を持って生きている人です。危険があっても恐れを抱かず、その代わり縮こまってしまったことにより隠された楽しみを逃がすことを心配します。挑戦を楽しんでいるので、たまに奇抜な想像や周りを驚かせる創意力を発揮したりします。開放的で活気溢れる性格で友達もかなり多いです。

4.ミニマリスト:片手を下に置く人

どんなことが起こっても平常心を失わない人、苦労は少なくソフトな人生を追求する性格の持ち主です。洋服を選ぶ時間を節約するためクローゼットにはいつもきれいな服が用意されています。長電話もしないし会話をする時も必要な用件だけを交わす方です。そのため周囲から冷たいと、よく言われます。

5.リーダー・オブ・リーダー:8時と4時の方向に手を置く人、手の甲は下を向くように。

どんな状況に直面しても自分の意見を貫こうとする意志を持っていて実際、貫く適切なタイミングを知っている人です。そして成功的な結果につながるので周りのリーダーになります。生まれつきリーダーの素質を持っているため自信に満ちていて厳しい状況下でも行き先が見えているようです。過度な自信に周りの人たちが怖がらないか心配にもなります。

6. 共感好き:8時と4時の方向に手を1つずつ置く人、手の甲は上を向くように。

友人と家族をつなぐ橋渡しの役割をする人。他人の気持ちをよく察して配慮することのできる人です。話術も優れています。人の悩みもよく聞いてあげて、いとこが土地を買っても、おなかが痛いどころか、本当に一緒に喜んでくれるので、それこそ感性豊かです。それに人々を導こうとも欲張らたないため本当にそばにいてほしい人でしょう。

7. カジュアル:片手を一番上に置く人

辺りが混乱していても悠悠自適な人。人生について真剣に心配する代わりに心配したからといって変わることはない、そんな生き方を追求する人です。たまに身近な人のことを気にせずマイウェイに生きていると非難されることもあります。

8. いたずら好き:膝に手を置く人

本当にこのように運転する人もいるでしょうか?他人をいらだたせる人です。考えることより行動が先で深刻な状況も冗談のように笑って済ませます。大人になっても精神年齢は子どもです。幸い機転の利いた話術と驚くべき創意力のおかげで人気も高く友人も多いです。

9. 平和主義者:9時と3時の方向に手を置く人

平穏な暮らしを追求するタイプです。大騒ぎしたり大声で口論したりする状況にいることが不快でたまりません。しかし、けんかになると直接乗り出して人々を落ち着かせ代案を打ち出します。いい代案を提示する知恵があって争っていた人々もついてくる方です。恋愛が下手で誰かと付き合うのが本当に難しいです。

10. ブルドーザー:親指や手をクラクションの上に置く人

いつどこでもクラクションを鳴らす準備ができているほど忍耐力が足りません。何かに追われているようで、せっかちです。極端に結果を追求するせいで問題が生じると代案を探すより問題になった状況自体を無視しようとする癖もあります。他人が利己的で不遜だと非難しても、あまり気にしない性格です。このような性格のおかげで多様な成就を味わうことができるでしょう。
  • Lim, Chul
  • 入力 2022-03-09 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄