Q.韓国ドラマ撮影中の事故:「太王四神記」「アテナ」「夜叉」「ロックRock楽」

답변게시판
A. 月曜日の朝8時。

あるドラマ制作会社の朝の風景です。役員とチーム長が会議をしています。

最初の報告案件は、やはり現在放映中のドラマに関してです。

撮影現場や些細なエピソードも公開されます。

視聴率が良いと会議の雰囲気は温かいです。しかし、マーケティングチーム長の顔はやや暗いです。視聴率が上がりながら、放映途中に新しく迎え入れたPPL企業が5社にもなるが、放送にちゃんと露出されないと抗議を受けているからです。

マーケティングチーム長が苦衷を吐露すると、制作チーム長は作家にお願いを何回もしたが、無視されたという事情を打ち明けます。

制作社の社長は自身が直接作家に頼んでみると言い、撮影現場で事故が起きないように注意しなさいと呼びかけて会議を終了します。

今は放送局やドラマ制作社でも事故に対して気を使っていますが、演技者が撮影現場で事故が起きてもちゃんと補償を受けることさえ容易ではありませんでした。

史劇などで主演俳優の代わりをしたり、エキストラ出演して武術演技を繰り広げて事故に遭った演技者が産業災害と認められたのが、わずか4年前のことです。

2013年4月、史劇の撮影中に槍に刺されて顔と首などに怪我を負った武術演技者パク某氏の産業災害を初めて承認しました。

パク氏の以前に馬や城壁から落ちて障害者になった武術演技者たちは、ただ制作会社の善意に頼るしかない状況でした。制作会社が治療費を適切に渡さないと最終的に訴訟につながりますが、仕事もできず稼ぎもない状態で弁護士なんかがしっかりと使えるでしょうか? 訴訟で勝っても残るのは壊れた肉体と荒廃した精神だけでしょう。

武術演技者らが産業災害の対象に含まれ、事情はよくなった方でしょう。労災患者と認められたパク氏は、治療費全額と一緒に仕事をできなくなった期間中の平均賃金の70%を休業手当として受け取れるようになったので幸いでしょう。

激しい戦闘シーンや派手なアクションの撮影中に起こる事故は、映画よりドラマの方がはるかに多いです。

映画はリハーサルをたくさんするので、出演俳優たちの手足がよく合い、安全装置もちゃんとしている方です。時間的な余裕も十分です。ドラマ撮影中に起こる事故は、ほとんどが急ぐ際に発生します。視聴率を高めるために予定になかったアクションシーンを追加するなら、事故の可能性はそれほど高くなるでしょう。私が槍をこう突けば、あなたはこのように避けながら刀を下ろし、私は刀に斬られたように倒れてと。

言葉はたやすいですが、何回も練習してこそ事故が起きないというものです。台本を読んで、一、二度ざっと通した後に撮影に入り、槍をこう突くところをうっかり突き、避けることができずと。

2007年にMBCドラマ『太王四神記』を撮影していたペ・ヨンジュンが事故に遭ったのも、このような無理なスケジュールのためでした。

敵の首長の邸宅を訪ねて決闘するシーンを撮っている際、ワイヤーの調整が間違っており、空中にぶら下がっていた俳優がペ・ヨンジュンの首の上に落ち、脊椎と肩を負傷したのです。刺客たちが天井の上でロープに乗って降りてきながら、ペ・ヨンジュンを急襲することが元々撮影しようとしたシーンでしたが、ワイヤー調節装置に異常が生じて刺客に変身したスタントマンが空中で止まることができず、馬の上にいたペ・ヨンジュンとぶつかってしまった事故でした。

時間だけが十分で、安全要員が装置を正しく点検していたら起こらなかった事故だというのが、当時の大半の衆論でした。

  • < SBSドラマ『ATHENA-アテナ-』のチョン・ウソン

俳優チョン・ウソンも2011年にSBSアクションドラマ『ATHENA-アテナ-』を撮影中、大きく負傷したことがあります。

秘密組織アテナの要員に扮したチョン・チャヌがNTS要員チョン・ウソンを殺すために銃を撃ち、車で追突するシーンを撮っていた時に起きた事故でした。

撮影中にチョン・チャヌが運転していたワゴン車が滑りながら大破、チョン・チャヌは頭をひどく負傷し緊急治療室に運ばれ、チョン・ウソンは車両を避ける中で右ひざを負傷しました。

チョン・ウソンはこの事故の前にイタリアで車にはねられるアクションシーンを撮っている際に膝を痛めて、3カ月間松葉杖にお世話になったことがあります。

余談ですが、俳優たちがよく怪我をする部位一つが目の周りですね。

俳優チョ・ドンヒョクは2011年1月にOCNドラマ『夜叉-ヤチャ-』に出演し、格闘シーンを撮影中に斧が目の上をかすめ、4針を縫う怪我を負いました。幸いなことに大けがにつながらなかったのですが、怪我をした部分が目のすぐ上であるため失明する危機だったでしょう。

KBS『ロックRock楽』(2010)でアクションシーンを撮影していた俳優ノ・ミヌも折れた角材の破片が目の周りに飛び、緊急緊急治療室に搬送されたことがあり、2010年に公開された映画『超能力者』で華麗な演技を見せた俳優コ・スもアクション演技をする中で目の周りが裂ける怪我を負いました。

MBC史劇『鉄の王 キム・スロ』(2010)の主人公役を演じた俳優チソンは、さらに大きな危機に直面しました。反乱を制圧する場面を撮っている中、相手のかぶとの上にあった鉄串に刺されたのです。目のすぐ下に刺さったからよかったものの、それは本当に大変なことになるところだったんです。このドラマに一緒に出演した俳優ユ・オソンも、相手俳優の刀に目元を斬られて血を流したそうです。

このような事故が視聴者と観客の口から感嘆詞を出させるため、まったく二律背反ではありませんか。
  • Lim, Chul
  • 入力 2017-09-27 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄