Q.ノ・ミヌは、なぜSMエンターテインメントで成長できなかったのでしょうか?

답변게시판
A. 本当に、申し訳なくも日本の女優、綾瀬はるかと熱愛説艶聞説が流れてからノ・ミヌという名前を初めて聞きました。

筆者が記事に関心を持ったのは綾瀬はるかが出演した映画『本能寺ホテル』が記憶に残っていたからです。未来から来た若い女性が変事が起こると歴史を教えてくれたにもかかわらず、逃げずに自分の運命を受け入れた織田信長の姿が印象的でした。

日本で熱愛説が流れてから韓国でも話題になったので、ノ・ミヌの人気は韓国よりも日本で高かったと言わなければならないです。

兵役を終えた34歳の韓国青年ノ・ミヌは、遅咲きスターとして位置づけられています。

2004年7月、18歳で歌手デビューしましたから、かなり遅いです。
韓国最高の芸能プロダクションSMが野心を持って立ち上げた3人組EDMグループのTRAXを知っている人も多くないでしょう。チーム名のTRAXは旧メンバーである、Typhoon(ジェイキム)、ROSE(ノ・ミヌ)、ATTACK(カン・ジョンウ)、X-MAS(キム・ジョンモ)の芸名から頭文字をとったそうです。
ロックバンドに関心を持っていたSMのイ・スマンが野心を持ってスタートさせたTRAXは、不幸にもアイドルファンにもロックマニアたちの世界でも熱狂を引き出すことができませんでした。リーダーのジェイキムが声帯嚢胞を患うようになり、ノ・ミヌとカン・ジョンウが脱退し人々の記憶から忘れられていったグループです。

韓国では大きな反応はありませんでしたが、TRAXのデビューアルバム『Paradox』は日本でかなり話題になりました。日本の伝説的なロックバンドX-Japanのリーダー、林佳樹がプロデュースをしたためです。日本で活動した初期からSUPER JUNIORのキム・ヒチョル、東方神起の英雄ジェジュンと一緒に「きれいだ」と言われたこともありました。金髪に染めたハンサムな歌手ノ・ミヌが2年後TRAXを脱退した時、かなり大きな衝撃を受けたファンも多かったそうです。

良い人同士でも相性がよくないと意味がないと言いますが、ノ・ミヌとSMの相性はイマイチだったようです。

SMからスカウト提案を受けた後、日本で歌手活動をしていた母オ・ミンジョンは契約そのものに反対したそうです。当時、クラシックの作曲家として芸術高校への入学を準備していたノ・ミヌは「SMで初めてロック音楽を準備したなら、今までこんな音楽をする人がいなかったからいいのではないか」と思い、母親を説得して承諾を得たそうです。

ノ・ミヌはTRAXの脱退後、モデル活動をしながら時々役者としてブラウン管に姿を現しました。演技者を夢見た理由は、ハリウッドのトップスター、ジョニー・デップの影響です。

「一言で格好よかったです。ジョニー・デップはギターリスト出身の俳優です。音楽と演技を同時に行う人だけに、持っている色や感じが他の俳優とは違います。私の考えも演技と音楽が大きく違いません。そのように簡単に考えていたので、演技者になることは難しくありませんでした」

そして演技者、歌手、モデルなど400人が競ったオーディション*で選ばれ、映画『霜花店運命、その愛』(2008年公開)の乾龍衛隊員に選ばれました。映画に出演するため、京畿道(キョンギド)の渼沙里(ミサリ)にある体育館で1日平均5~6時間ずつ、半年ほど乗馬や武術、剣術の訓練を受けたそうです。

* 36人の美少年親衛部隊の乾隆偉隊員の選抜条件は、すらりとした身長と秀麗な外見。彼らが「氷の谷」と呼ばれる堤川(チェチョン)のノンガン渓谷で入浴する場面は、多くの女性たちの胸をときめかせました。ノ・ミヌは赤ちゃんの時からきれいな男に育てられました。生まれる赤ちゃんが娘だと思っていた母親は、女の子の服をいっぱい買っておき、そのせいでノ・ミヌは、幼稚園に行く前まで女の子の服を着て育ちました。『僕の彼女は九尾狐<』でノ・ミヌに初めて会ったソ・ガンジュンは、美しい姿に少し惚れましたが「ああ、男だな」と気を取り戻したそうです。

2015年4月、ノ・ミヌがSMを相手取って起こした損害賠償請求訴訟は、陸軍を満期除隊する頃、敗訴に終わってしまいました。「SMは2004年にTRAXメンバーとしてデビューしてから脱退するまで企画やマネージメントをきちんとしておらず、脱退後はマネージメントを全くせず音楽や演技ができる機会を提供せず担当PDや制作会社代表に圧力をかけて芸能活動を妨害したというノ・ミヌ側の主張を証拠がない」とし、裁判所が受け入れなかったのです。

訴訟では負けましたが、裁判が結末になる頃、ノ・ミヌの演技人生に翼がつき始めました。

『覆面歌王-ミステリー音楽ショー』を見たファンがこんなコメントを書きました。「私は初めて見る人のようですが、アラブ王子の仮面を脱いでハンサムな仮面を被りましたね」

2019年6月に放送されたMBCドラマ『検法男女 シーズン2』で冷徹で天才であり冷酷な殺人鬼である二重人格の持ち主、チャン・チョル役を演じ、演技者としての自分の価値を証明してみせました。世間の好評を受けて2019MBC演技大賞シンスリラー賞も受賞しました。 同年6月にMBC『覆面歌王-ミステリー音楽ショー』に出演し、残念ながら第1ラウンドで脱落しましたが、彼が仮面を脱ぐ瞬間、最高視聴率が9.8%まで上昇しました。

ノ・ミヌが必ずやってみたい役は「天才ピアニスト」です。

映画やドラマに出演する時には、配役の感情を維持するために楽器を遠ざけ、撮影が終わった後は狂ったように楽器に飛びつくそうです。楽器を演奏する時が幸せだというノ・ミヌ。幼稚園の時からピアノを弾き始めたノ・ミヌは、今も一度聞いた曲はそのまま演奏できるほどのピアノ演奏の実力を持っていると言います。

米バークリー音楽大学 を出た弟のアイル(ノ・ジョンフン)は、4人組バンドHoppipollaのリーダーやシンガーソングライターとして活動しています。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-07-16 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄