Q.韓国では青少年もコンドームを自由に買えますか?

답변게시판
A. 地下鉄のトイレに自動販売機があるのですが、何でも売っています。
ティッシュ、ガム、キャンディー、そしてコンドーム。
自販機が物を買う人が成人なのか、何歳の学生なのか分かりますか?タバコを売る自販機は身分証を見せて認証を受けるようにしていますが、地下鉄の自販機にはそのような装置はありません。だから誰でも買えるという意味です。

そうです。
コンドームは、販売を規制する成人用品ではありません。
韓国では、法的に「医療機器販売業の届出をせずに販売できる妊娠調節用医療機器」に分類されています。

法的に何の問題もないと実際にもそうだというわけではありません。

まず、下の漫画を見てみましょう。

コンドームを買わないといけないので他の店に行きました。

ここでも断られて薬局に行きました。

一発殴られると思いました。

コンドームを売ってる場所はたくさんあります。薬局、アダルトグッズ店、コンビニ、大型スーパー、OLIVE YOUNGのようなドラッグストア。海外検索サイトを利用すれば、成人認証を経なくても入場でき、コンドームが購入できるところもありますが、韓国に本拠地を置くサイトでは制約を受けやすいです。(コンドームの他にも成人用品を一緒に売っているため、成人認証が必須だからです)

何とかインターネットでコンドームを購入し、親にそのことが発覚してひどい目にあった事例も伝えられています。

学生がコンドームを売った所に送ったメッセージを紹介します。

急に母が「ちょっと!」と叫びました。
慌てて「何?」と言ったら、母が「コンドーム?おかしくなったの?」と言われたので、もう終わりだと思い全身が震え始めました。母に張り手を食らいました。そして1時間ぐらい、たまに殴られながら説教されました。彼女の電話番号も教えてほしいと言っていました。その夜、父が帰った後、木棒で死ぬほど殴られました、まだあざが残っています。当然,コンドームは全部押収されました。
翌日、彼女からメールが来ました。自分がなぜ悪口を言われたのか分からないと腹を立て、二度と連絡するなという内容でした。

法はコンドームを買うことを防ぎませんが、韓国の現実はまだこうです。

もちろん、たまに例外がないわけではありません。

2019年6月、清州(チョンジュ)のコンビニで19歳以下の青少年にコンドームを売らないという警告文を貼ったそうです。横には「コンドームは老若男女誰でも利用できる医療機器」という内容が書かれた大きな紙が貼られています。

このコンビニでは学生が自由にコンドームを買えるようになりました。
もしかしたらコンビニのオーナーが常連客である隣の住民たちの顔色をうかがって学生たちにコンドームを売ろうと、わざとやったのかもしれないという気がします。

根本主義のキリスト教の影響が大きい韓国で売る人の認識はまだ確固たる状態です。
コンドーム自体を問題にするのではなくコンドームを買った目的が予想できるかというのが、コンドームの購入を防ぐ理由でもあります。

学校でコンドーム教育をしようとしましたが、父兄の抗議で霧散したこともあったほどです。
全羅南道(チョンラナムド)潭陽市(タムヤン)のある男女共学高校で、30歳の女性教師がコンドームの取り付け試演をするために生徒にコンドームを用意するよう指示しましたが、これを聞いた父兄が校長にまで電話をかけて抗議したため、結局、授業を取りやめてしまいました。
バーコードを撮っても「未成年者は購入不可」という案内が表示されない医療機器。

しかし、気兼ねせずに買いづらいものがコンドームです。

確かに年を取った人でもコンドームを買うのは、少し照れくさいかもしれません。最近の若者は、周りの目をあまり気にしないでしょうが…。最後にコンビニでアルバイトをしている人が掲載したコメントを紹介します。

  • Lim, Chul
  • 入力 2020-08-20 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄