Q.ドラマ「人間レッスン」はn番房事件を素材にしたものですか?

답변게시판
A.
『人間レッスン』は韓国で放送されたことがないドラマです。2020年4月末から放送されているのに、何を言っているのですかって?地上波であれケーブルチャンネルであれ、このドラマを放送した場所がないという話です。ただNetflix (ネットフリックス) を通じてのみ視聴できるドラマです。

ドラマの主役が高校生ですが等級は青少年観覧不可です。これもまた皮肉です。

主人公のオ・ジス(キム・ドンヒ)は高校2年生です。学校では模範生ですが、放課後には元締めをする犯罪者です。親に捨てられた孤児と同じ身なので、どうしようもなく選んだ人生だったのかもしれません。

オ・ジスが片思いをしているペ・ギュリ(パク・ジュヒョン)は、芸能事務所の社長の娘ですが、盗癖があって他人の物を盗んで中古のウェブサイトに売り出す犯罪者です。

援助交際をしてお金を稼ぐソ・ミンヒ(チョン・ダビン)は、学校のリーダーのクァク・ギテの援助者の役割をします。虚偽事実流布罪を虚偽流布事実制、プライバシーをプロリバシーと言うなど、頭の悪い不良の典型的な姿を見せる女子生徒ですが、働いて稼いだ金で数十万ウォンのブランド品をプレゼントし、毎日ご飯をおごる純愛もします。クァク・ギテはミンヒの愛を受け入れたのか、彼女を探すために組織暴力団の巣窟に飛び込みます。

作中では、高校生の主人公です。もっと詳しく話すとネタバレになりそうなので、ここで止まりましょう。

二重生活をする学生との性犯罪。携帯電話のメッセンジャーを通じた売春が「n番部屋」を連想させることもあります。しかしn番部屋事件がこの作品のモチーフになったわけではありません。

n番部屋事件は逸脱行為を行う女性たちをターゲットにして性奴隷にした凶悪犯罪でしょう。搾取された女性たちは、そもそも自分の裸や自慰行為、性交行為をしたため、周りに助けを求めることもできず、警察に通報することもできませんでした。

n番部屋事件に比べると『人間レッスン』の犯罪(?)はよくある援助交際と言えます。ドラマの撮影は、n番部屋事件が世間に知られる前にすでに終わった状態でもあります。ただ、n番部屋事件が新型コロナウイルスとともにドラマの人気を高めるのに一役買ったかもしれません。

ドラマを見た視聴者の中には、同じハイティーン犯罪ドラマ『13の理由(13 Reasons Why)』、『このサイテーな世界の終わり(The End of the Fucking World)』の韓国版のようだと感想を述べた人が多いです。

脚本を書いた作家のチン・ハンセは、ニュージーランド留学時代の記憶からアイデアを得たと言います。ある日、公園へ行って、ある学生が車を止めて友達にタバコなどを売る場面を目撃しましたが、倦怠な表情でお金を数える姿が脳裏に刻まれたそうです。

その後、高校生を対象にした組織的な犯罪や主犯も生徒だという衝撃的な記事に何件か見た後、ニュージーランドの記憶を呼び出してストーリーを構想するようになったそうです。

余談ですが、作家がもともと決めていたタイトルは「極度の嫌悪」だったそうです。青少年性売買斡旋という犯罪を美化しないために悩んだ末に出したタイトルです。しかし、英語のタイトルが『Extracurricular』にすでに決まっており、キム・ジンマン監督がタイトルに「授業」という単語を入れたがっていたため、『人間授業(原題)』として落ち着いたそうです。

このドラマを見た韓国の視聴者の好き嫌いが分かれますが、従来の放送局ではなかなか考えることもできなかった型破りの素材とリアルな会話、ヤドカリや折りたたまれたお菓子の袋のようなメタファーの適切な活用などを挙げ、長い映画を一本見たような気がするという意見が多いです。だからドラマを見る前に気をつけなければなりません。ややもすれば徹夜することもできるでしょうから。

幸いにもドラマは10話で終わります。短すぎて残念ですか?
もしかしたらシーズン2が制作されるかも知れないので、期待してみましょう。

ドラマを見る方のために、いくつかの情報を提供します。

- ドラマに出演するバナナクラブのロケ地は忠清南道(チュンチョンナムド)瑞山(ソサン)の西部商店街です。日が暮れたら大人たちが行くなと言う恐ろしい町です。実際同じ場所に「バナナ歌倶楽部」がありますが、実際の名前は「バナナ歌倶楽部」と少し違います。
- オ・ジスとパク・ギュリが会うカフェは弘益大(ホンイクデ)の前にある「The Famous Lamb」です。ドラマに数回登場します。
- 制作陣は10代の主人公全員をオーディションを通じて選抜しましたが、1か月以上行われたオーディションに数百人の志願者が殺到しました。ペ・ギュリ役のパク・ジュヒョンは、3か月にわたるオーディション過程を経て選ばれました。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-09-03 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄