Q.Netflixのドラマ「保健教師アン・ウニョン」に出てくるゼリーとは何ですか?

답변게시판
A.
9月25日に公開されたドラマ『保健教師アン・ウニョン』はウェブマガジン『鏡』に載せた作家チョン・セランの同名の小説を原作としたドラマです。初めてウェブマガジンで紹介された作品のタイトルは『愛してる、ジェリーフィッシュ』でした。

タイトルだけ見ても主人公に劣らずゼリーが作品で大きな比重を占めていることが分かります。ポスターで主人公の頭の上を漂うのがゼリーです。

主人公は、一般人の目には見えないゼリーを見る能力を持つ保健教師のアン・ウニョンとゼリーから被害を受けない漢文教師のホン・インピョです。

アン・ウニョンは、学校に赴任してすぐ尋常ではないと感じます。感じたというよりは見て分かったというのが正確な表現かもしれません。彼女にはゼリーが見えるからです。

第1話から学校の地下室から流れてくるゼリーを退治するために武器を持っています。
「ああ、やっかいだな…」
少しイライラしますが仕方がありません。ゼリーを見るのは彼女だけだからです。

アン・ウニョンにだけ見えるゼリーは欲望の痕跡で霊的な存在です。死んだ人がグミになったり人の感情がグミになったりします。

地下室から流れ出たゼリーは女子学生に片思いする男子学生の切なさと苛立たしい感情でした。

アン・ウニョンは男子学生の首の後ろからハート形のゼリーを抜き出します。痛みがとれたはずなので保健教師として仕事を100%果たしたわけです。

作家のチョン・セランは「ゼリー」について「大学入試や不動産問題のように隠れている欲望が赤裸々に表れるテーマがあります。体面の下にいたのを目撃すると、ぞっとします。欲望が人々に影響を及ぼすのはどうかと想像しました」と紹介しました。

欲望が大きかったり悪かったり、重いほどゼリーの形は大きく怖い形をしています。
片思いの男子学生から出たゼリーは無害なゼリーです。

人間の感情から始まったゼリーは、人の形状、強い好感と欲求から始まったゼリーは、ねばねばした質感を持っています。(イ・ギョンミ監督)

ゼリーを退治するアン・ウニョンの道具は、おもちゃの剣とBB弾を撃つおもちゃの銃。剣は充電式で銃は弾丸が限られていて撃ちまくることができなかったのですが、ホン・インピョの体に流れるゼリーを塞ぐことで短所を解消できるようになりました。(ゼリーを退治するとアン・ウニョンは心身ともに疲れます。しかし、ホン・インピョの手を握れば武器だけでなく彼女の気力も回復するなんてこの上ないでしょう)

  • ホン・インピョの手を握って気を充電する際のアン・ウニョン



アン・ウニョンがゼリーを退治する場面は、一般人から見ておかしいです。
子供たちが持って遊ぶおもちゃを宙に振るなんて「うちの学校の保健の先生はおかしくなったのか?」と噂するのもおかしくないでしょう。

現在、6話まで紹介されました。

好き嫌いが分かれると言われていますが注意する点があります。
「座ったら立ち上がれない説」です。
一度、見始めると6話まですべて見終えた後に席を立つことができるそうです。

そのため、このドラマを見るためには特に約束がなく時間に余裕がある日、出勤や登校の心配で早く寝なくてもいい日を選んだ方がいいでしょう。

余談ですが、ドラマが放送された後、少し過ぎた10月15日、正義党のシム・サンジョン議員がアン・ウニョンの服装でおもちゃの剣まで持って国会本館で1人デモをしました。重大災害企業処罰法の成立を促すデモでしたが、審議員の目にはかなり多くの政治家、ロビイストがゼリーに見えたようです。

  • Lim, Chul
  • 入力 2020-11-09 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄