ケルバク:캘박

답변게시판
解説 ハングル:캘박

ハングル発音:ケルバク

意味:スケジュールをカレンダーに保存するという意味

解説:

カレンダー + 剥製の合成語。スケジュールをカレンダーに保存するという意味。

みんな、2022年のカレンダーを準備されただろう。

ある人はカレンダーを確認して、いつごろ「新型コロナウイルス」という言葉を口にしなくなるのだろうか。ため息をつくそうだ。

それでも時間はカレンダーに記載された日のままだから、今日一日一所懸命息をしなければならない。

時には、カレンダーを手にするとすぐ赤い鉛筆から探す。

家族の誕生日に大きく丸を描き、すでに予告された日程も手帳を見ながらカレンダーに移す。

そうしていると、すでに誕生日も祝って帰るところにも行った気さえするそうだ。

これが「ケルバク」だ。

カレンダーに保存するという意味だが、ケルチョ(貯)ではなく「ケルバク」と呼ぶには理由がもう少しある。

単なる保存だけで終わってはならないという警告だ。

剥製になった状態なので絶対日程を忘れてはならないという警告だ。

今年の誕生日には、子どもたちに素敵な所に連れて行くという約束も忘れてはならず10年前の恋人や同窓生との約束も改めて思い出さなければならない。

剥製になって壁にくっついてしまったので抜け出す考えなどは最初から捨てるのがいいだろう。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-12-30 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄