ゲシュタルトゥボングェ:게슈탈트 붕괴

답변게시판
解説 ハングル:게슈탈트 붕괴

ハングル発音: ゲシュタルトゥボングェ

意味:特定の対象に過度に没頭し反復的な状況を経験した時、対象の定義や概念を忘れる形状

解説:

ゲシュタルト崩壊

特定の対象に過度に没頭し反復的な状況を経験した時、対象の定義や概念を忘れる形状。ひどい場合には私が見ているものが何か、私が誰なのかも分からない状態になることがある。アニメやゲームマニアによく見られ、これらの世界でよく使われている。日本のコミュニティで生まれた新造語で玄海灘を越えて韓半島でも定着した。

ある大学生Aが友達Bと一つ実験をした。
毎日何回も鏡を見ながら自分に向かって「あなたは誰?」と尋ねる簡単な実験。これを毎日繰り返していると、いつの間にか自分が誰なのか分からなくなってしまうという言葉に真偽を知るために行った実験だった。

AとBは毎日鏡の前に立って「あなたは誰?」と尋ねた。
数日たって、Aは自分でないような不思議な気分になり、Bに「やめよう」と声をかけた。

それから、しばらくしてBが学校に来なかった。不思議に思ったAが家を尋ねて行ったらBはもう自分が誰だか分からない状態だった。

実験を始めて数週間もたたないのに、どうしてこんなにも早く効果が出たのだろうか不思議に思い部屋を見回したAは、その理由が分かった。
Bの部屋にある鏡は「三面鏡」だったのだ。

インターネット初期、日本のコミュニティに載った文だ。

筆者は軍に入隊して訓練を終えてから、ふと鏡を見たことがある。訓練期間中に鏡を見るなんて思いもよらなかったことだ。とにかく鏡を見てみよう。短い髪に黒く焼けて瞳だけ光っている見知らぬ男がいた。あの時、独り言をつぶやいたことがある。
「お前は誰?」

本当に鏡を見ながら「あなたは誰?」と聞き続けると自分がなくなるのだろうか?
気になる方は鏡の前に立ってみてください。

もしかしたら、イライラしていた自分がいなくなって、漫画の中の主人公が現れるかもしれない。

TIP. 鏡を見なくてもゲシュタルト崩壊を体験できる良い方法がある。
同じ単語が続く文章を繰り返し読むのだ。
例えば、こういうの。
「考えとは考えれば考えるほど、思い出すものだから考えないで、思い出しても考えを無視しようという考えがいいのだ」

もし今あまりすることがなくて退屈なら、上の文章を10回くらい読んでみてください。多分自然に考えてはいけないという考えが後を絶たないだろう。

ゲシュタルト崩壊

ゲシュタルト心理学(形態主義、全体は各部の和以上という論理基調を持つ)から用語を借りてきたが、ゲシュタルト崩壊はアニメーションやゲームマニアの世界の隠語であり新造語だ。過度な没入の状態で反復的な状況を経験すると、瞬間的に自分が誰なのか自分が見ているものが何なのかを忘却したり意味を喪失する状況が来る時がある。これをゲシュタルト崩壊という。例えば数か月間、鏡の中の自分に「あなたは誰?」と聞くと、ある瞬間、顔の部分が不慣れになり、結局その顔全体が私のものなのか、誰のものなのかさえ忘れてしまうのだ。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-12-22 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄