記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)

シン・セギョン&イム・シワン、新型コロナ検査で陰性

    韓国JTBCのドラマ『ラン・オン』の制作スタッフが新型コロナウイルス感染確定の判定を受けた中で、イム・シワン、シン・セギョンが陰性判定を受けた。

    JTBC『ラン・オンン』の関係者は28日「昨日(27日)新型コロナウイルスの検査を受けたイム・シワン、シン・セギョン、イ・ボンリョンと担当スタッフが今日、陰性の判定を受けた」とし「撮影スタッフは順次検査を行った後、結果を待っている」と明らかにした。

    27日、韓国の放送関係者によると『ラン・オン』の制作スタッフの一人が26日、新型コロナウイルス感染確定の判定を受けた。これによりイム・シワン、シン・セギョン、イ・ボンリョンをはじめとする俳優たちや制作陣が新型コロナウイルスの検査を受けて隔離をスタートさせた。

    『ラン・オン』が新型コロナウイルスで撮影を中断したのは今回が2度目だ。『ラン・オン』は先月20日、スタッフの一人が新型コロナウイルスの感染が疑われる他のドラマスタッフと接触して撮影を中断したが、後にそのスタッフが陰性の判定を受けて撮影が再開された。

    一方、『ラン・オン』は短距離陸上代表選手がスポーツエージェントになる過程を描いたドラマだ。今年の下半期に韓国で放送予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=スタートゥデイDB | 入力 2020-09-28 13:41:22