記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 企業

起亜自、クラウドとAI基盤の「マニュアル」開発

  • 起亜自動車は18日、Googleのクラウドと人工知能(AI)をベースにした自動車取扱説明書である「起亜オーナーズ(Owner`s)マニュアルアプリ」の開発を完了したと明らかにした。「起亜オーナーズマニュアルアプリ」は難解で分量の多い車のマニュアルを、AI技術を土台にユーザーのアクセス性を確認下げたアプリケーションだ。

    スマートフォンのカメラで車内を写せば動画機能が動作して、その機能の名称と操作方法を詳細に説明する。たとえばステアリングホイールの「クルーズコントロール」をスマホでスキャンすると、サーバーとの通信を介してAIプラットフォームがその画像を認識し、詳細を紹介する動画がスマートフォンで再生されるという式だ。起亜自動車の関係者は、「運転者は冊子形態のマニュアルをいちいち探さなくても、簡単な操作だけで便利で容易に機能を理解することができる」と紹介した。

    起亜自動車は2017年に同様の機能を提供する拡張現実(AR)ベースのアプリを開発した。しかし起亜自動車は新車を発売するたびにメンテナンスが困難になるARベースのアプリの限界を克服するために、Googleのクラウドやメガゾーンなど協業して、AIベースのマニュアルアプリを新たに作成した。
  • 毎日経済_イ・ジョンヒョク記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-06-18 18:09:47