記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 総合

サムスン電子と日KDDI、5G核心技術の検証に成功

5Gサービス実現の大きな飛躍 

  • サムスン電子は23日、日本の携帯電話会社KDDIと5Gネットワークスライシング技術を検証することに成功したと明らかにした。ネットワークスライシングは、物理的な移動通信網を多数の仮想ネットワークに分離して活用できるようにする5G移動通信必須の技術にあげられる。

    この技術は超高速と超低遅延など、5G時代のさまざまな要件を持つサービスを利用するために必要だ。例えば自律走行やクラウドゲームのようなサービスには、数ミリ秒レベルの超低遅延と100%に近い信頼性を確保するための仮想ネットワークを提供する。また速度が重要なAR・VRストリーミングや超高画質映像のストリーミングなどには、毎秒数百メガビット(Mbps)から毎秒数ギガビット(Gbps)の通信速度を保証する仮想ネットワークを提供することができる。

    今回の検証を通じてサムスン電子とKDDIは、ユーザーが利用するサービスに応じて高速仮想ネットワークと超低遅延仮想ネットワーク間を移動しても、品質が安定して確保されることを確認した。救急患者の搬送などの緊急通信が必要な仮想ネットワークにリソースを割り当てる場合、接続端末の増加やデータの増加にも安定した通信サービスが可能である点も確認した。

    サムスン電子とKDDIは今回の5Gネットワークスライシングの検証結果を土台に、国際標準化団体で標準規格を提供する計画だ。サムスン電子ネットワーク事業部のキム・テヨン専務は、「5Gネットワークスライシング技術の検証は、5Gの新規サービスの実現のための大きな飛躍」だとし、「真の5Gの可能性を実現するために、主導的役割を果たすつもり」だと明らかにした。
  • 毎日経済_ホン・ソンヨン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-09-23 17:49:34