記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

スジ&ナム・ジュヒョク&キム・ソンホ主演ドラマ「スタートアップ」韓国で10月放送

    tvNの新しい土日ドラマ『スタートアップ』がスジ、ナム・ジュヒョク、キム・ソンホ、カン・ハンナのきらびやかなラインナップを完成させた。

    来る10月に韓国での初放送を控えたtvNの新しい土日ドラマ『スタートアップ』は韓国のシリコンバレー、サンドボックスで成功を夢見てスタートアップに飛び込んだ青春の開始(START)と成長(UP)を描くドラマだ。

    限りなく大変で、これ以上もなくきらびやかな青年たちが挑戦と成長、ときめくロマンスを披露する予定だ。

    また、『スタートアップ』は『ホテルデルーナ』のオ・チュンファン監督と『ピノキオ』、『君の声が聞こえる』のパク・ヘリョン作家が『あなたが眠っている間に』以来、再びタッグを組んだ作品。華やかなキャスティングに加えてドラマファンなら見逃せない強力な組み合わせが注目を集める。

    劇中、スジは韓国のスティーブ・ジョブズを夢見る力強い若者ソ・ダルミ役を引き受けた。持っているものはなくても度胸だけはある勝負師のダルミは「逆転」を夢見てスタートアップに飛び込む。ソ・ダルミは様々なアルバイトを渡り歩いたキャリアと、他の追従を許さない生活力まで備えた人物。自ら飛び込んだ苦難の道をどのように乗り越えるのか、スジの明るくて愛らしい魅力が溶け込んだ、はじけるエネルギーが期待される。

    ナム・ジュヒョクはサムサンテックの創業者であり左脳型人間のナム・ドサンを演じる。あるときは数学の天才として家の自慢だったが、今となっては2年前から投資資金を使うだけの家の恥に転落する一歩手前。しかし、意図せずソ・ダルミの記憶の中の「素敵な初恋」になり、彼はその誤解を現実にして「再び輝くために」スタートアップに挑戦する。新たな演技変身を試みるナム・ジュヒョクが披露するナードの魅力の定石、いきいきとした青春の色彩に視線が集まっている。

    「借金を返済するために」スタートアップをするハン・ジピョン役はキム・ソンホが熱演する。SHベンチャーキャピタルの首席チームリーダーである彼は幽霊のような投資の実力と毒舌で投資界のゴードン・ラムゼイと呼ばれる。そんな毒蛇のような彼も過去に自分に恵みを施したたった一人の人間には限りなく優しくなる。余裕あふれる姿と優しい姿を行き来する魅力を十分に生かすキム・ソンホの幅広い演技スペクトラムが待たれる。

    カン・ハンナは学歴、美貌、財力すべてを持つCEOウォン・インジェに変身する。財閥2世のタイトルが、むしろ弱点である彼女は実力を認められるために躍起になって成果を出すが、最終的には財閥の父に利用されてしまう。そこで再び狩りが終わったら捨てられる「犬にはなりたくない」とスタートアップに挑戦する。特有の高慢な魅力と繊細な表現力を介してドラマの緊張感を導くカン・ハンナの活躍が予告される。

    このように胸キュンのビジュアルと確かな演技力を持った4人の俳優のラインナップはときめき指数を上昇させる。各人物がスタートアップに飛び込んでどのような成長痛の「バグ」と感情の「変数」を迎えるのかにも関心が持たれる。

    『スタートアップ』の制作陣は「スジ、ナム・ジュヒョク、キム・ソンホ、カン・ハンナという熱い青春スターたちが集まって醸し出すエネルギーが格別だ」とし「青春の話を扱うだけに共感できて挑戦的、トレンディな作品にするために誰もが懸命に撮影中なので、初放送まで多くの関心と愛情で見守ってほしい」と伝えた。

    一方、tvNの新しい土日ドラマ『スタートアップ』は来る10月に初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | 入力 2020-08-04 10:02:19