記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

2PMウヨン「メンバー全員でカムバックしたい」雑誌で思い語る

    観察バラエティ番組『私は一人で暮らす』(『シングル男のハッピーライフ』)に出演してこれまで培ってきた一人暮らしのスキルを見せて、フレンドリーな魅力を披露した2PMウヨンの写真が公開された。

    今年、兵役を終えたウヨンは除隊したばかりであることを感じさせない姿でカメラの前に立った。YouTubeをはじめ、さまざまなチャンネルを通じて2PM「My House」の人気が再燃する現象を作った張本人でもあるウヨンは「実は混乱もしています。どうしていいかわからないと思ったりもする。だから僕が選択した方法は単に続けてみることです。これが流行だから早く何かしようと考えることは無意味なようです。僕が好きで、できることを続けることが重要だと思います。今のように何も予測することができない時は、さらにそうです」と気持ちを明らかにした。

    ウヨンはモニターを兼ねて「My House」のクロス編集映像を検索して見たことがあると打ち明け、「以前にメンバーたちと一緒に出演したバラエティ番組も見ます。この時は本当に面白かった、苦労した、と思ったりもします」と伝えた。

    2PMの曲のうち再発見されてほしい曲を尋ねると、パク・ジニョンが作曲した「Comeback When You Hear This Song」という曲を挙げて「振り付けもよく、「My House」と同じ流れのクラシックな衣装も良かった」と理由を明らかにした。

    「猛獣アイドル、野獣アイドル」という別名のように男性的な魅力をアピールしていた2PM。現在、ウヨンが考える男性美とは何なのか尋ねると「自分をしっかりと見つめて、また判断できるべきだと思います。時にはこれはできません、と素直に言えたらと思います。以前には包装することにいっぱいいっぱいで、自分をよく知らず、不足している部分は隠すのに必死でした。自分の悪いところ、良くない部分を認められることこそ「素敵な奴」だと思います」と伝えた。

    2PMとして完全体でカムバックしたいという願いを明らかにしたウヨンは「どんな歌を歌いたくて、どのようなダンスを踊りたいのかを決めておかず、その都度浮かぶ感情、自分自身に集中する時間を過ごしています」とし、メンバーたちについては「計算的ではなく、お互いに「馬鹿みたいだ」とよく言います。活動を休んでいても普段もまさにそのまま2PMです」愛情を表現した。

    2PMウヨンの写真は『COSMOPOLITAN』11月号とCOSMOPOLITANのウェブサイトを通じて確認できる。

  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=COSMOPOLITAN | 入力 2020-10-27 09:06:04