記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

「4度目の飲酒運転」チェ・ミンソに施行猶予 致傷容疑は逆転無罪

    • 写真:MBNスターDB

    酒に酔って一方通行の道路を逆走して事故を起こした疑いで裁判を受けた韓国の女優チェ・ミンソ(本名チョ・スジン)が執行猶予を言い渡された。

    20日、ソウル中央地裁刑事控訴5-3部(イ・グァンヒョン、チェ・ビョンリュル、ユ・ソクドン部長判事)は道路交通法上飲酒運転などの疑いで起訴されたチェ・ミンソに1審と同様の懲役8カ月に執行猶予2年を宣告した。

    1審は40時間の順法運転講義受講と120時間の社会奉仕を命じたのに対し、控訴審では順法運転講義受講命令のみを維持して社会奉仕は命令しなかった。

    チェ・ミンソは2019年3月26日午前6時頃、酒に酔った状態でソウル市江南区の一方通行路を逆走している途中、他の乗用車に追突する事故を起こして裁判を受けてきた。チェ・ミンソは当時、停車中だった他の車に追突して相手を負傷させた疑いも受けている。

    1審裁判部はチェ・ミンソの飲酒運転の疑いと交通事故処理特例法上致傷容疑をすべて有罪と認めたが、控訴審裁部は被害運転者が怪我をしたという事実が十分に立証されていないと致傷容疑は無罪になった。

    チェ・ミンソは2012年と2015年にもそれぞれ罰金の略式命令を受けるなど先立って3回も飲酒運転で処罰された。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者 | 入力 2021-01-20 17:42:11