記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

N.Flyingイ・スンヒョプ、ソロデビューシングル「ON THE TRACK」の音楽鑑賞会を開催

    バンドN.Flyingのイ・スンヒョプがソロデビューシングルの発売に先立って、ずいぶん悩んだという。

    イ・スンヒョプは22日の午後3時、YouTubeチャンネルを通じてソロデビューシングル「ON THE TRACK」発売記念オンライン音楽鑑賞会を開き新曲を公開した。

    この日、イ・スンヒョプは「「ON THE TRACK」が世間に出るとは思わなかった」とし「今回のアルバムを準備しながら曲をたくさん準備した。会社の方々が「これは完全にイスンヒョプだ」と おっしゃって、こういうアルバム名でカムバックすることになった。

    イ・スンヒョプのすべてのスキルとストーリー、慰めのメッセージを多様なジャンルで残している。僕を入れ替えた」とソロデビューの感想を伝えた。

    N.Flyingの音楽と違う姿を見せなければならないため、かなり悩んだのではないかという質問に、イ・スンヒョプは「N.Flyingの曲を僕が作業をたくさんしたところで出た結果が全部私だ。ソロアルバムも僕が作業するので、その結果も僕だ。

    相違点をつけなければならないという考えで悩んだ。実際に「N.Flingのようだ」という言葉もよく耳にしたが、N.Flingのような曲はすべて外している」と伝えた。

    一方、イ・スンヒョプのソロデビュー曲「Clicker」は80年代のファンキー音楽のサウンドを90年代のグルーヴ感あふれるヒップホップジャンルで再解釈した楽曲だ。否定的な思いの枠を「Clicker」というユニークな題材を通じて肯定的に変えようという内容が歌詞に込められている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | 入力 2021-02-22 15:17:24