記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
ニュース > 政治

北の無人航空機、ペクリョン島に墜落

ペクリョン島の墜落無人機は北の偵察機、政府筋が明らかに 

  • 先月31日、ペクリョン島に墜落したまま発見された無人航空機は、北韓で製造されたものと当局が把握したことが分かった。北韓はペクリョン島沖に砲撃を行った後、われわれの対応状況を航空撮影するために無人機を飛ばしたものと推定される。

    政府筋は1日、「ペクリョン島から回収された無人航空機は、先月末、坡州(パジュ)の奉日川(ポンイルチョン)に墜落した航空機と同じ種類であることが明らかになった」とし、「当局は、パジュで発見された無人機は既に北韓のものとの結論を下した」と語った。

    軍と情報当局は、ペクリョン島で発見された無人航空機が北韓産であることを北韓が否定できないほど確実な物証、つまり「スモーキングガン(決定的証拠)」の確保に注力していると伝えられた。先立って先月24日、京畿道坡州市ボンイルチョンのヤサンで墜落した無人航空機が発見され、当局が回収していった。

    この消息筋は、「北韓軍は砲撃訓練を行った後、われわれの軍が対応に乗り出す時を狙ってK - 9自走砲の緊急時運用状態を偵察したと推定される」と説明した。ペクリョン島では、先月31日午後4時18分頃、住民がサゴッ教会近くの道端に無人航空機が落ちているのを発見し通報し、軍・警察・情報当局がすぐに合同調査班を設けて精密分析に入った。
  • 毎日経済_アン・ドゥオン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2014-04-01 20:35:31