記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)

米紙「韓国製コロナ診断キットが不良」と報道

メリーランド州が記事に反論 

  • 「韓国サウィ(娘婿)」でよく知られているラリー・ホーガン氏が州知事職にある米メリーランド州地域の日刊紙「ボルティモアサン」は、韓国産コロナ19診断キットが不良だと判定されて販売中止措置が下されたと報道したが、州政府がこれに対して反論してひとしきり議論が行われた。ボルチモアサン紙がとりあげた国産診断キットは分子診断企業のLabGenomics(ラボゲノミクス)社が輸出した製品で、去る4月にホーガン知事側が50万キットを購入する対価として900万ドル(104億ウォン)を支払ったことがある。

    ボルチモアサン紙は18日(現地時間)、「メリーランド大学研究所、絶賛受けた韓国産診断キットの使用を偽陽性判定の頻発で中断」という見出しの記事で、メリーランド州が4月に輸入した韓国産コロナ19診断キットが頻繁にエラーを起こして使用を中止したと報道した。同紙は「メリーランド州が去る4月に韓国から取り寄せた数十万セットのコロナ19診断キットで、信頼性を疑うほどのレベルの偽陽性事例が明らかになった」と主張した。

    メリーランド州のジョセフ・ドゥメトス・ジュニア医療機関協会長はボルチモアサン紙とのインタビューで、「先週、一部の施設で30人以上の確定者が出てきたという事実が異常に思えて、郡保健所と協力して再診断した結果、ほとんどが陰性判定を受けた」と明らかにした。同紙によると、メリーランド州がラボゲノミクスから購入した診断キット50万個は、メリーランド大学の研究所に37万個と、民間研究所の「CIANダイアグノスティクス」に13万個が割り当てられた。

    このような韓国産コロナ19診断キットの評判と信頼性を墜落させる報道が出た後、ホーガン州知事は21日に公式の声明書を通じて、「ラボゲノミクス製品には何の問題もない」とし、「私たちはこの60日のあいだ問題もなく、2つの研究所で20万個以上のラボゲノミクス製診断キットを成功裏に効果的に使用した」と強調した。

    メリーランド大学の研究所も声明を通じて、「ラボゲノミクス製診断キットがコロナ19の検査に使用できるという点を明確にしたい」とし、「メリーランド大の研究室で数ヶ月間、大量に当該のキットを使用した結果、受容可能で満足のいくテストだったことを確認した」と明らかにした。

    ラボゲノミクスも、「メリーランド研究所で(コロナ19診断キットで)インフルエンザウイルスを検出できるかどうかをテストしたことが、あたかもコロナ19の偽陽性が発生したかのように間違って記事にされたもの」だとの立場文を出した。ラボゲノミクスの関係者は、「わが社が輸出したLabGun RT-PCR Kitはインフルエンザを検出することができない、コロナ19専用のキット」だと強調した。
  • 毎日経済_キム・シギュン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-09-22 17:43:43