自身の肌色に適合したファンデーション選択方法

製品を顔に塗った後、日光があるところへ 

自身の肌カラーに合わないファンデーションを購入することほど最悪のメイクアップに進む近道もないはずだ。ファンデーションの色を選ぶ時、そのカラーが自身の肌色に適合するか徹底して確認したいなら、該当製品を顔に塗った後、日光があるところへ出ればよい。

全ての角度から調べて見た時、自身の肌と正確に一致するならその時購入すればよい。入念に塗ったにもかかわらず顎ライン周辺に境界が目立ったりあまりにも濃く見えたり、もしくはあまりにもべたついたりオレンジ・ピンク・ローズなどの色合いがめぐっても、重く不透明に見えても自身に合うファンデーションではない。

実際、適切なファンデーションを探すまでには数種類の製品を塗って外に出てテストしてみる忍耐力が必要だ。選択の範囲をより狭められる方法を挙げるとすれば、色々なカラーを同時にテストすることだ。可能性が見える数種類の製品を頬と額部位に縞模様のように並べて塗った後、自身の肌に完全に融和した製品を選べばよい。選択から外さなければならない製品は肌の上に明らかな境界をつくるようになるはずだ。

しかしこのようにして選んだファンデーションも、日光に出て照らしてみるチェック過程を省略しては絶対にだめだ。該当製品を顔の肌の広い面積に塗ってみる過程もはずしてはだめだ。また、より完成度のある肌メイクアップをしたいなら、気に入った製品を選んだ後、その製品を顔全体に塗って最小2時間程度経過した後、再度日光の下でチェックしてみよう。

昼の時間にファンデーションがどのように見えるか、時間が経過するとカラーが変わったり乾燥しないか、あまりにもべたつかないかなどの問題を十分に考慮した後、慎重に自分だけのファンデーションを選ぼう。
  • シックニュース_イム・ソヨン記者/写真_photopark.com | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-06-29 20:07:08