トップ > 数字経済 > 企業 > 昨年、現代・キア自の欧州販売…独BMWを抑えて4位に

昨年、現代・キア自の欧州販売…独BMWを抑えて4位に


現代・キア自動車は昨年、欧州市場で計100万台以上の車両を販売したと集計された。

18日の欧州自動車工業協会によると、昨年に現代・キア自動車は計101万8563台を売り、2020年の84万1033台よりも21%以上成長した。現代自動車は51万5886台でキア自動車は50万2677台であり、現代自動車の前年対比での販売増加率が少し高かった。現代自動車とキア自動車は、欧州で2018~2019年にも2年連続で100万台以上の販売を記録した。

特に現代・キア自動車の昨年の欧州市場内でのシェアは8.7%で、歴代で最高値を達成した。 2020年7%にて比べ1.7%ポイント上がった。現代・キア自動車は販売量と市場シェアの両方ともに、独フォルクスワーゲングループ(294万台、25%)、蘭ステランティス(238万台、20.2%)、仏ルノーグループ(109万台・9.3%)に続いて4位を記録した。 2020年のシェアと販売量で遅れをとった独BMWグループ(86万台・7.3%)を、今年は5位に引き下げた。

一方で昨年初に米Apple(アップル)とともに、車両用デジタルキーの開発を共同で行うことで手を組んだ現代自動車が、最近出荷したジェネシスのモデルにアップルのデジタルキーを既に適用したことが把握された。

この日の現代自動車によると、昨年の9月末に出荷されたジェネシス初の専用電気車「GV60」と、今月に発表された「G90」の第4世代の新型モデルにアップルデジタルキーサービスが採用された。アップルデジタルキーはiPhoneで車の始動をかけたり、車のドアを開閉するサービスだ。
  • 毎日経済 | ソ・ジヌ記者
  • 入力 2022-01-18 17:30:24