トップ > 数字経済 > 企業 > カカオ、経営陣を電撃交換…ナムグン・フン氏に内定

カカオ、経営陣を電撃交換…ナムグン・フン氏に内定


  • カカオ、経営陣を電撃交換…ナムグン・フン氏に内定

ナムグン・フン カカオ未来イニシアチブセンター長(写真)がカカオの単独代表に上がる。カカオは20日に理事候補推薦委員会を開き、ナムグン センター長をカカオ単独代表内定者として報告したと明らかにした。ナムグン代表内定者は来る3月に予定された株主総会と理事会を経て、公式に代表として選任される予定だ。

これまでのヨ・ミンス代表は代表取締役の席から退くという意思を明らかにしており、3月までカカオを率いることにし、最近選任された共同体アライメントセンター(CAC)からも抜けることにした。

ナムグン代表内定者はハンゲームの創立メンバーで、NHN USA代表、CJインターネット代表、ウィメイド(WEMADE)代表を経て2015年カカオに合流した。その後、エンジンとダウムゲームが合併して発足したカカオゲームズの各自代表を務め、カカオゲームズがグローバル総合ゲーム会社に成長するところに大きな役割を果たしてきた。昨年12月にはカカオ共同体のこれからの10年を準備する組織である未来イニシアチブセンター長に選任され、カカオ共同体のグローバル市場の攻略と未来の有望事業発掘を準備してきた。

ナムグン代表内定者は「社会がカカオに期待する役割にこたえ、信頼を回復できるように大きな責任感を持ってESG経営(環境・責任・透明経営)に専念する」とし、「メタバースなどの未来技術を中心に事業を再編し、グローバルにカカオの舞台を拡大して技術企業として位置を堅固にする」と明らかにした。

共同体アライメントセンターのセンター長は、現カカオエンターテイメントのキム・ソンス各自代表に変更される。キム センター長は持続可能な成長の観点から、カカオコミュニティの戦略方向を調整して支援する役割を担う。カカオの社会的役割について深く考え、経営陣と役職員の倫理意識強化とリスク防止のための多様な方案を考案して適用する計画だ。

金範洙(キム・ボムス)カカオ議長はこの日、役職員を対象に送ったメッセージで「カカオが長いあいだ積み重ねてきた社会の信頼を多く失っていることに重い責任感を感じながら、回復させていくことができるアイデアは何かという悩みを重ねてみた」とし、「社会が私たちに期待する今後の未来志向のイノベーションと、いまのカカオの規模に求められるシステムの実現の両方が必要だと判断した」と明らかにした。
  • 毎日経済 | チン・ヨンテ記者
  • 入力 2022-01-20 17:48:31