トップ > 数字経済 > 経済 > ネイバー・カカオ、空売り急増で株価下落 歯止めかからず

ネイバー・カカオ、空売り急増で株価下落 歯止めかからず


「業績ショック」の影響でネイバーが3営業日連続で急落し52週安値を記録した。この2年間、低金利と流動性のおかげで急騰したプラットフォーム成長株などが緊縮の加速化への懸念に衝撃を受ける現象の一環と解釈される。

25日、韓国取引所によるとネイバーは前営業日より3.83%下落した28万8500ウォンで取引を終えた。21日の業績発表前と比べると株価の下落幅は8.56%に達する。同期間、外国人の売り注文が大きく出て株価を引き下げたが、大半が空売りだったものと推定される。同日、ネイバーの空売り取引代金は539億1677万ウォンで全体の取引代金のうち22.76%に達した。

21日と22日、ネイバーの空売り取引代金はコスピ全体銘柄の中で最も多かった。それぞれ344億4446万ウォン、594億8480億ウォンでネイバー全体の取引代金のうち13.88%、17.05%を占めた。ネイバーに対する最近の40日の空売り取引代金の平均は62億6655万ウォンだった点を考慮すれば、最近になって10倍近く急増したものだ。ネイバーと共にカカオも空売りの集中攻撃を受けた。カカオに殺到した空売り取引代金は21日283億2859万ウォン、22日220億1564万ウォンでそれぞれ2位と3位となった。ただ、カカオは以前の40日間の平均取引代金も123億8830万ウォンと高い水準を示し25日には101億6496万ウォンに減った。最近になってネイバーの空売り取引代金がカカオに比べてさらに急増したものと分析される。

ネイバーは低迷している第1四半期の業績を発表した後、外国人の空売り物量が集中したものと見られる。ネイバーは連結基準で今年第1四半期の売上高1兆8452億ウォン、営業利益3018億ウォンを記録した。これは市場展望値(売上高1兆8789億ウォン、営業利益3441億ウォン)を下回る数値だ。特に、営業利益は予想比10%(423億ウォン)程度に達していない。業績不振の主な原因としては人件費とマーケティング費の上昇が挙げられる。期待に及ばない第1四半期の実績を反映して現代自動車証券が目標株価を従来の55万ウォンから50万ウォンに9%下方修正するなど証券会社の目標が下方修正された。教保証券は目標価格を44万ウォンから40万ウォンへ、NH投資証券は55万ウォンから41万ウォンへと引き下げた。現代自動車証券のキム・ヒョンヨン研究員は「コンテンツと検索広告を除いた残りの事業で実績が予測値を下回った」とし「費用面では人件費、マーケティング費、パートナー費などが前年同期比20~30%上昇し、売上成長率を上回った」と説明した。

米国中央銀行の連邦準備制度(Fed)の攻撃的緊縮懸念も株価を引き下げている。サムスン証券のチョン・ミョンジ投資情報チーム長は「今のように長期金利が上昇する局面では、投資回収期間が長い成長株に対する投資心理が悪化せざるを得ない」と説明した。

ネイバーの株価は緊縮への懸念と業績不振のため「パニックセリング」が相次ぎ新安値を更新したが、今が底かどうかについては意見が分かれている。一部では追加下落の可能性も提起されている。一方、現在の株価が底をつきコンテンツ事業が高成長を記録しているという見通しも出ている。
  • 毎日経済 | キム・グミ記者
  • 入力 2022-04-25 17:18:47