トップ > 数字経済 > 企業 > キア自動車、新型ニーロEVの事前契約を開始 1回の充電で400キロ走行

キア自動車、新型ニーロEVの事前契約を開始 1回の充電で400キロ走行


キア自動車がエコスポーツ用多目的車(SUV)「ザ・オール・ニュー・キア・ニーロ(The all-new Kia Niro)」電気自動車モデルの仕様と価格を公開し事前契約を開始すると3日、明らかにした。

新型ニーロEVは、1回の充電で401キロメートルに達する走行距離を確保した。キア自動車は「ニーロEVは室内の安全性と居住性の確保、高級便宜仕様と先進運転支援システム(ADAS)の適用などを通じてキア自動車の代表的なエコカーとして生まれ変わった」と説明した。

キア自動車は新型ニーロEVに最大出力150キロワットと最大トルク255ナノメートルの前輪モーターを装着した。特にバッテリーの温度を最適に管理してくれる「バッテリーコンディショニング」機能をキア自動車で初めて適用した。バッテリーコンディショニングは外部温度が低い時に出力性能を確保するためにバッテリーを予熱してくれる。また、顧客が急速充電所を目的地に設定する際は、充電が効率的に行われるようにバッテリーの温度を最適化する。バッテリーシステムを保護するためにバッテリー下部にアルミニウム補強材を適用し車体主要部位に硬い「ホットスタンピング部材」を補強して高剛性・軽量車体構造で設計した。

全長4420ミリメートル(第1世代ニーロEV比45ミリメートル長くなる)、軸間距離2720ミリメートル(20ミリメートル長くなる)、全幅1825ミリメートル(20ミリメートル大きくなる)、全高1570ミリメートルなど車体が一層大きくなり室内空間にも余裕が出来た。

外装色はスノーホワイトパール、ミネラルブルーなど計7種、内装色はニーロ専用ライトグレーツートンなどの3種で運営される。事前契約はエアとアースの2つのトリムで進められ価格はエアが4852万ウォン、アースが5133万ウォンだ。キア自動車は税制優遇後の価格は後日公開する方針だ。
  • 毎日経済 | ウォン・ホソプ記者
  • 入力 2022-05-03 15:44:45